Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ブラック・クランズマン」

アダム・ドライバーがKKKになりきる「ブラック・クランズマン」新カット

ナタリー

18/12/12(水) 12:00

スパイク・リーの監督最新作「ブラック・クランズマン」の公開日が3月22日に決定。あわせて新たな場面写真が6枚解禁された。

1979年のアメリカを舞台に、過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)への潜入捜査を試みた黒人刑事の実話を映画化した本作。デンゼル・ワシントンを父に持つジョン・デヴィッド・ワシントンが主人公の刑事ロン、アダム・ドライバーがロンと2人で1人の人物になりすます白人刑事フリップ・ジマーマンに扮している。

写真にはKKKになりきったフリップが「ホワイトパワー!」と叫ぶ場面や、ブラックパンサー党の女性幹部パトリス・デュマスと仲睦まじく話すロンの様子が。KKK最高幹部のデビッド・デュークが人差し指を立て「アメリカファースト!」と唱える場面も切り取られた。ローラ・ハリアーがデュマス、トファー・グレイスがデュークを演じている。

第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した「ブラック・クランズマン」は、東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。

(c)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

アプリで読む