Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「LAMP IN TERREN日比谷野音ワンマンライブ『Moon Child』」フライヤー

LAMP IN TERRENが再び日比谷野音へ「今年は本当の意味で僕らにしかできない舞台を」

ナタリー

19/3/16(土) 21:00

LAMP IN TERRENが7月28日に東京・日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブ「Moon Child」を開催することをステージで発表した。

これはワンマンツアー「BABY STEP」のツアーファイナルとして本日3月16日に行われた東京・LIQUIDROOM公演にて発表されたもの。昨年、松本大(Vo, G)の声帯ポリープ除去手術のため4月より活動休止していたLAMP IN TERRENは、復活の舞台として8月に初の日比谷野外大音楽堂ワンマンを敢行した。

松本は2度目の日比谷野外大音楽堂ワンマンについて「僕らは昨年、ここを自分たちの目標として活動してきました。ですが、僕の声帯ポリープの発覚、そこからのバンド活動の休止、それによりもっと特別な舞台になったからこその野音映像化企画(クラウドファンディング)、様々な要素が加わり、本来の目標とは少し違う、それも特別な、大切な寄り道をした気持ちでした。今年は本当の意味で、僕らにしか作り上げることのできない舞台を作ります」と決意を述べている。

なお、イベントタイトル「Moon Child」は、昨年12月に発売された最新アルバム「The Naked Blues」の最後を飾る楽曲「月のこどもたち」から取られている。チケットは本日3月16日より、オフィシャルサイトにて最速先行予約を受け付けている。

松本大(Vo, G)コメント

日比谷野外大音楽堂。
僕らは昨年、ここを自分たちの目標として活動してきました。

ですが、僕の声帯ポリープの発覚、そこからのバンド活動の休止、それによりもっと特別な舞台になったからこその野音映像化企画(クラウドファンディング)、様々な要素が加わり、本来の目標とは少し違う、それも特別な、大切な寄り道をした気持ちでした。

今年は本当の意味で、僕らにしか作り上げることのできない舞台を作ります。
あえて言わせてもらうと、一緒に向かっていくのではなく、LAMP IN TERRENが作ったものを観に、聴きに来てほしい。

僕らは太陽のように、全てを照らせるわけではないかもしれません。
ですが、月のように誰かに照らされてでも、夜を彩るものでありたいなと思っています。
世界で1番、微かで、確かな光を渡します。

太陽に憧れる月のこどもたちより愛を込めて。

日比谷野外大音楽で待っています。
どうぞよろしく。

LAMP IN TERREN日比谷野音ワンマンライブ「Moon Child」

2019年7月28日(日)東京都 日比谷野外大音楽堂

アプリで読む