Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「2018 PARCO PRODUCE “三島×MISHIMA”『命売ります』」より。

ノゾエ征爾が三島由紀夫作品に挑む、東啓介主演「命売ります」本日開幕

ナタリー

18/11/24(土) 16:27

ノゾエ征爾が台本・演出を手がける「命売ります」が、本日11月24日に東京・サンシャイン劇場で開幕する。

本公演は、PARCOが三島由紀夫の小説2作を舞台化するプロジェクト「2018 PARCO PRODUCE 三島×MISHIMA」の第2弾。1968年に「週刊プレイボーイ」(集英社)にて連載された「命売ります」は、人間の生と死をテーマにしたエンタテインメント小説だ。ある日、ふと「死のう」と思い立った羽仁男(はにお)は、「命売ります」という広告を出す。すると、訳ありげな怪しい男女が次々に現れて……。

主人公の羽仁男を演じるのは東啓介。吸血鬼の母親のために、羽仁男の命を買いに来る高校生・井上薫役を上村海成が演じるほか、馬渕英里何、莉奈、樹里咲穂、家納ジュンコ、市川しんぺー、平田敦子、川上友里、町田水城、不破万作、温水洋一、そしてノゾエが出演者に名を連ねた。

開幕に際し、ノゾエは「別に奇をてらったようなことは何もしていませんが、ともかく面白な原作に面白な役者が乗っかったらこんなんになりました」とコメント。また東は「山田羽仁男という人物が愛されるよう、僕はひたむきに演じていきます。キャスト、スタッフ全員で作り上げてきましたので、是非劇場でご覧ください!」と観客に呼びかける。さらに上村は「最近やらせていただいた役とかなり違うタイプの役柄で、しかも初のストレートプレイなのでとてもドキドキしていますが精一杯演じます!」と意気込みを語った。

東京公演は12月9日まで行われ、12月22日には大阪・森ノ宮ピロティホールで大阪公演が実施される。なお「2018 PARCO PRODUCE 三島×MISHIMA」の第1弾となる「豊饒の海」は現在、東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAで上演中だ。

ノゾエ征爾コメント

三島由紀夫の驚きのパンクな小説。を演劇化したらこんな風になったと、別に奇をてらったようなことは何もしていませんが、ともかく面白な原作に面白な役者が乗っかったらこんなんになりました。

東啓介コメント

三島由紀夫でありながらノゾエさんの脚本・演出で、とてもエンターテイメントな作品に仕上がっていると思います。
山田羽仁男という人物が愛されるよう、僕はひたむきに演じていきます。
キャスト、スタッフ全員で作り上げてきましたので、是非劇場でご覧ください!

上村海成コメント

「半分、青い。」等、最近やらせていただいた役とかなり違うタイプの役柄で、しかも初のストレートプレイなのでとてもドキドキしていますが精一杯演じます! お客様に観ていただくのがとても楽しみです!

「2018 PARCO PRODUCE “三島×MISHIMA”『命売ります』」

2018年11月24日(土)~12月9日(日)
東京都 サンシャイン劇場

2018年12月22日(土)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

原作:三島由紀夫(「命売ります」ちくま文庫)
台本・演出:ノゾエ征爾
出演:東啓介、上村海成、馬渕英里何、莉奈、樹里咲穂、家納ジュンコ、市川しんぺー、平田敦子、川上友里、町田水城、ノゾエ征爾、不破万作、温水洋一

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play