Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「誤解」チラシ

新国立劇場の新シーズン、稲葉賀恵がカミュ「誤解」に挑む

ナタリー

18/9/10(月) 17:32

「誤解」が、10月4日から21日まで東京・新国立劇場 小劇場で上演される。

この9月に小川絵梨子が演劇芸術監督に就任した同劇場。新シーズンのオープニングを飾る本作では、アルベール・カミュの「誤解」を文学座の新鋭・稲葉賀恵の演出で立ち上げる。出演者は原田美枝子、小島聖、水橋研二、深谷美歩、小林勝也の5人だ。

ヨーロッパの田舎で小さなホテルを営むマルタとその母親。彼らは今の生活に辟易し、太陽と海に囲まれた国での生活を夢見て、客を殺し金品を奪っていた。ある日男性客が現れ、マルタと母親はいつも通り殺人計画を進めるが、彼には秘密があって……。なお新国立劇場のYouTube公式チャンネルでは、本作の顔合わせの様子が公開されている。

稲葉賀恵コメント

「誤解」はカミュが1942年から43年にかけて執筆した2作品目の戯曲です。カミュは本作を「暗い芝居」ではあるが「絶望的な芝居」ではないと述べました。私はこの作品を一読した時、「絶望的な運命」に対して抗おうとする登場人物達の力強いエネルギーを感じました。所謂「悲劇」と分類されるこの作品にはその他の作品を凌駕するエネルギーのぶつかり合いがあります。

「兄妹間の争い」「不条理な運命に対する抵抗」「殺人、自死に対する葛藤」「祖国からの逃亡と異国への憧憬」、一つ一つの素材がぶつかり合う力はなぜこんなにも激しいのか。それは、どちらか片方が善い、悪いという訳ではなく、互いに正しく筋道が通っているからです。そして互いの側から見ると善であり同時に悪でもある。今日、白か黒か二極化し線引きすることの安易さ、恐ろしさを感じざるを得ない社会の中で、善悪というものは言わずもがな表裏一体であること、そしてそれらが互いに衝突することで起こる混沌とした、しかし大きなエネルギーの塊を演劇という表現を介して想像してみることが、本作を上演することの大きな意味だと私は思っています。

「誤解」

2018年10月4日(木)~21日(日)
東京都 新国立劇場 小劇場

作:アルベール・カミュ
翻訳:岩切正一郎
演出:稲葉賀恵
出演:原田美枝子、小島聖、水橋研二、深谷美歩、小林勝也

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play