Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「Holmes & Watson」より、左がジョン・C・ライリー。(写真提供:Columbia / PLANET PHOTOS / ゼータ イメージ)

“最低映画”ラジー賞で「ホームズ&ワトソン」4部門、最低男優はドナルド・トランプ

ナタリー

19/2/23(土) 21:02

第39回ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)の受賞結果が、アメリカ現地時間2月23日に発表された。

2018年にアメリカで公開された“最低映画”を表彰する同賞。最多受賞作品はウィル・フェレルの主演作「Holmes & Watson(原題)」で、共演のジョン・C・ライリーが助演男優賞に選ばれたほか最低作品賞などを受賞した。

マイケル・ムーアのドキュメンタリー「華氏119」に登場した米大統領ドナルド・トランプは、最低主演男優賞と最低スクリーンコンボ賞のダブル受賞に。米大統領顧問のケリーアン・コンウェイも最低助演女優賞を手にする結果に終わった。

なお最低主演女優賞には、東京・シネクイントほか全国で公開中の「パペット大騒査線 追憶の紫影」より、メリッサ・マッカーシーが輝いた。そのほかの受賞結果は以下の通り。

第39回ゴールデンラズベリー賞 受賞結果

最低作品賞

「Holmes & Watson(原題)」

最低主演女優賞

メリッサ・マッカーシー「パペット大騒査線 追憶の紫影」「ライフ・オブ・ザ・パーティー」

最低主演男優賞

ドナルド・トランプ「Death of a Nation」「華氏119」

最低助演男優賞

ジョン・C・ライリー「Holmes & Watson」

最低助演女優賞

ケリーアン・コンウェイ「華氏119」

最低スクリーンコンボ賞

ドナルド・トランプと彼の人間的小ささ「Death of a Nation」「華氏119」

最低リメイク、パクリ、続編映画賞

「Holmes & Watson」

最低監督賞

イータン・コーエン「Holmes & Watson」

最低脚本賞

「フィフティ・シェイズ・フリード」

アプリで読む