Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ピース又吉

異端児を表彰するアワードにピース又吉が出席、綾部との思い出語る

ナタリー

18/11/15(木) 11:34

昨日11月14日、アメリカの男性誌「Esquire」が主催するアワード「Mavericks of Hollywood」の日本版「The Mavericks of 2018」の授賞式が東京・TRUNK(HOTEL)で行われ、ピース又吉が出席した。

「The Mavericks of 2018」は月刊誌「MEN'S CLUB」の連載企画「Mavericks of the Month」で取り上げられてきた“異端児たち”を表彰するアワード。「お笑いタレント部門」で選出された又吉のほか、「古典芸能・落語部門」では立川志らくも受賞している。

授賞式には又吉、川谷絵音(ゲスの極み乙女。、indigo la End、ichikoro、ジェニーハイ)、金子ノブアキ(RIZE)、鮨職人の木村泉美、起業家の杉江理が出席した。トロフィーを受け取った又吉は「すごくうれしい。Maverickには異端児に加えて“孤独を好む人”という意味もあるらしいですね。そういった意味では僕にピッタリなのではないでしょうか」と笑いながらコメント。さらに「僕は1人暮らしをしていて、誰か遊びに来てくれるだろうと思って8人掛けのダイニングテーブルを用意したんですけど、誰も遊びに来てくれません。1人で毎晩違うイスに座ってご飯を食べてます」と孤独エピソードを明かしていた。

また相方・綾部が活動拠点をニューヨークに移したことに話題が及ぶと、又吉は「実は授賞式の会場になっているこのホテルが思い出深い場所。1年半くらい前に、ここのカフェで執筆作業をしていたら『先生』と声をかけられて、振り向いたら綾部さんだったんです。自分のホテルでもないのに設備をいろいろ案内してくれて。おしゃれなところがすごく好きなやつやった」と述べて会場の笑いを誘う。続けて「彼はニューヨークで自分の夢を追っているので、僕も日本でがんばろうと思います」と意気込んだ。

授賞式のあとの囲み取材では、マスコミから「自分が異端児だなと思う瞬間は?」との質問が。これに対して又吉は「異端児って絶対自分で言っちゃダメでしょ」と苦笑いを浮かべつつ、「小学3年生の頃、クラスで揉め事があったときに先生が『みんなそれぞれいいところがある。短所じゃなくて長所を見ていこう』と言って、生徒1人ひとりのいいところを挙げ始めたんです。みんな泣きながら聞いてたんですけど、僕のときは『移動教室の際に電気をよく消してくれる』だった。そこは異端だったんじゃないかなと思います」と少年時代を回想していた。

「The Mavericks of 2018」受賞者

第1回 古典芸能・狂言部門:野村萬斎
第2回 お笑いタレント部門:ピース又吉
第3回 古典芸能・落語部門:立川志らく
第4回 スポーツ部門:平野歩夢
第5回 食部門:木村泉美
第6回 俳優部門:池松壮亮
第7回 起業家部門:杉江理
第8回 音楽部門:川谷絵音
第9回 金子ノブアキ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play