Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「さよならくちびる」初日舞台挨拶の様子。左から塩田明彦、門脇麦、小松菜奈、成田凌。

小松菜奈と門脇麦「さよならくちびる」初日に感慨、成田凌はテラスハウスと比較

ナタリー

19/5/31(金) 20:18

「さよならくちびる」の初日舞台挨拶が本日5月31日に東京・TOHOシネマズ 新宿にて開催され、キャストの小松菜奈、門脇麦、成田凌、監督の塩田明彦が登壇した。

本作はインディーズで人気のデュオ、ハルレオの解散ツアーを描いた青春音楽ロードムービー。小松がレオ、門脇がハル、成田が付き人のシマを演じた。小松は「お話をいただいてからギターと歌を練習する日々でした。初日を迎えられて本当にうれしいです」と、門脇は「(小松、成田との)3人でいる時間がすごく好きで。この3人だからこそ作り出せたハル、レオ、シマだったんだなと思っています」と感慨を語った。

撮影で印象的だったことについて、小松は「北海道のラストライブの撮影中、空き時間に3人で演奏したんです。最初の頃は楽器が何もできなかったのに、そのときはとてもリラックスした状態で演奏できて。うれしかったし、感動しました」としみじみ述懐。門脇もライブシーンの撮影を挙げ、「ライブ会場にお客さんが入った瞬間に、歌を歌う意味が1人で練習しているときと変わった気がして。来てくださった方のために歌うんだなと。印象的な体験でした」と振り返る。

ハル、レオ、シマの三角関係について話が及ぶと、成田は「僕、最近『テラスハウス』を毎日観ているんですけど」と切り出し、「テラスハウス」と比較しながら3人の関係性を説明。「普通は2対1の関係になってしまうことが多い中で、ハルたちは1対1対1の関係になっているというか、それぞれがお互いのことを見ていてるのがすごくいいなと思っていて……」と熱弁するが、いまいち小松と門脇がピンと来ていない様子に、成田は「伝わってますかこれ?」と問いかける。さらに「現場でもちょっとこうやって小馬鹿にされている感じがありましたよね」と続け、会場の笑いを誘った。

塩田は「世の中を見つめるときに、常に生きるのが下手な人の側に立ちたいという気持ちがあって。僕自身、相当な人見知りなので、不器用なのに何かを成し遂げようとしている人に共感するんです。なので、この映画のことごとく不器用な3人を見て愛おしくなっていただければいいなと思います」と本作に込めた思いを語る。最後に、小松は「秦基博さんとあいみょんさんの曲を聴いたときに、とても感動しました。何回聴いてもいい曲ですし、映画も何度観てもいろんな楽しみ方ができます」と紹介し、門脇は「大事な人を大事にすることって意外と難しくて。普段忘れがちなことやささいな感情の行き違いが、塩田さんの優しいまなざしを通して描かれています。観終わったあとに温かい気持ちが残ればうれしいです」と語りかけ、イベントの幕を閉じた。

「さよならくちびる」は全国で公開中。

(c)2019「さよならくちびる」製作委員会

アプリで読む