Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

PARCO PRODUCE「『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』~スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ~」ゲネプロより。

G2×尾上右近「ウォーター~」開幕、スプーン1杯を巡る再生の物語

ナタリー

18/7/5(木) 23:22

PARCO PRODUCE「『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』~スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ~」が、明日7月6日に東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて開幕。これに先駆け、本日7月5日にゲネプロが行われた。

ドラッグのせいで社会から疎外されてしまった人々が、インターネットを通じて交流しながら人生を取り戻していく姿を描いた本作は、2012年にピュリツァー賞を受賞したキアラ・アレグリア・ヒュディスの戯曲。今回の日本初演版ではG2が翻訳・演出を手がける。

主人公の青年・エリオット(尾上右近)は、イラク戦争からの帰還後、育ての親である伯母・ジニーの介護をしながら、サブウェイで働き俳優を目指していた。一方、エリオットの実の母である“俳句ママ”ことオデッサ(篠井英介)は、薬物依存の克服を目指す人々が集う、Webサイトの管理人をしている。彼女のサイトには、“あみだクジ”ことウィルスキー(鈴木壮麻)や“オランウータン”ことマデリーン(村川絵梨)が集い、あるときは汚い言葉で、あるときはやさしくお互いを励まし、支え合って生きていた。ところがジニーの死をきっかけに、彼らはお互いの人生と向き合い始め……。

ゆるやかに傾斜のついた八百屋舞台には、俳句ママの自宅のソファーや、あみだクジの会社のデスク、オランウータンが利用しているインターネットカフェの椅子が配置されている。エリオットが生活する“リアル”な世界のシーンと、サイトに集う人々の“オンライン”の世界のシーンは、サイト上で行われるチャットのログインとログアウトの効果音でシームレスに切り替えられながら展開していった。

右近は本格的な翻訳現代劇への出演は今回が初めてとなるが、心の闇を抱える若者を表情豊かに演じる。タイトルの由来にもなっている“スプーン一杯の水”を巡る母とのシーンでは、目に涙をにじませ熱演した。また、エリオットを支える従姉妹のヤズミンを演じる南沢奈央と、思わぬ流れからオデッサを支えることになる“ミネラルウォーター”ことジョンを演じる葛山信吾が見せる包容力ある演技も、“一歩を踏み出すため”の人々を描いた本作の見どころの1つとなっている。

ゲネプロ後には、出演者たちが取材に応じた。右近は、ゲネプロそのものがほぼ初体験と言い、「厳しい空気の中、緊張といろんな意識が混ざって、精神状態としては完全なオーバードーズという状況です(笑)」と心境を告白。そんな右近を見た村川が「右近さん……この現場では“けんけん”って呼ばれてるんですけど、けんけんは普段は堂々としてるから、緊張とかしないんだろうなと思ったら、『ヤバい吐きそう……』と言ってけっこう緊張されてたんで、安心しました(笑)」と舞台裏を明かし、会見場を和ませる。

葛山は「不安な状態なんですが、ある意味、最後にどう変化するのか非常に楽しみな作品です」と率直に語り、鈴木も「僕はネットの世界の住人なので、空間の取り方に苦しみながら稽古しました」と続く。一方の陰山は「手強い脚本でみんな格闘中なんですけど、お客さんにどう伝わるか楽しみにしてます」と目を輝かせ、南沢も「お客さんからどういう反応があるのか楽しみです」と同意した。

篠井は「内容は少々重いのですが、私たちのチームワークの良さが作品から出ると思います」とアピールし、「『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』ってなんのこっちゃって感じかと思いますが(笑)、その答えをお確かめにぜひ観に来てください。泣けますよ」と観客に呼びかけた。

最後に右近が「歌舞伎は洗練された型があるので、初役だとしても先輩に教わることができます。現代劇では一から自分で型を作らなくてはいけない」と現代劇の難しさを口にし、「僕はもちろんのこと、百戦錬磨の先輩方も、もがきながら作ったお芝居ですので、もがき続けながら大阪の千秋楽まで走り抜けたいと思ってます」と力強く意気込み、会見を締めくくった。

上演時間は途中休憩ありの約2時間25分。東京公演は7月22日まで行われ、8月4日には大阪・サンケイホールブリーゼでも上演される。

PARCO PRODUCE「『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』~スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ~」

2018年7月6日(金)~22日(日)
東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

2018年8月4日(土)
大阪府 サンケイホールブリーゼ

作:キアラ・アレグリア・ヒュディス
翻訳・演出:G2
出演:尾上右近、篠井英介、南沢奈央、葛山信吾、鈴木壮麻、村川絵梨 / 陰山泰

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play