Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会

ムロツヨシが逆オファー 映画『最高の人生の見つけ方』で天海祐希の秘書役

CINRA.NET

19/4/3(水) 6:00

10月11日から公開される犬童一心監督の新作映画『最高の人生の見つけ方』にムロツヨシが出演することが発表された。

同作は、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが共演した2007年公開の映画『最高の人生の見つけ方』を原案に、主人公を女性2人に変更して映画化するもの。余命宣告を受けて病院で出会った大真面目な主婦と大金持ちの女社長が、同じ病院に入院する少女の「死ぬまでにやりたいことリスト」を偶然手にし、リストの全項目を実行しようと決断する、というあらすじだ。主婦の北原幸枝役に吉永小百合、会社社長の剛田マ子役に天海祐希がキャスティングされているほか、前川清、満島ひかりの出演がこれまでに明らかになっていた。

ムロツヨシが演じるのは、天海祐希演じる剛田マ子の秘書・高田学。吉永小百合演じる幸枝とマ子の提案に翻弄されながらも、余命わずかな2人のためにサポートを尽くす最大の理解者、という役どころだ。

ムロが現在の事務所に所属した際、「一番好きな映画」「こんな役柄を演じられる俳優になりたい」と志したのがアメリカ版の『最高の人生の見つけ方』でショーン・ヘイズが演じた秘書トマスだったという。当初は別の役柄が準備されていたが、ムロから「秘書役をやりたい」と逆オファーがあったことから高田役での出演が実現した。

「好きな映画はなんですか?と聞かれたらいつもこの映画をあげていた」というムロは「今の事務所に入ってから、『この映画がリメイクされたら秘書を演じたい』と様々なインタビューで答えてきた。その夢が叶った形となりました」と喜びを語っているほか、吉永、天海との共演については「オリジナルが好きな分、役に自分らしさを出すことを心がけました。天海さんも『楽しくやろう』と言ってくださって、緊張はしましたがオリジナル版の役柄をそのまま演じないように意識しました」と撮影を振り返っている。

ムロツヨシのコメント

「好きな映画はなんですか?」とこれまで何十回、何百回とインタビューで質問され、ずっとあげていたのがハリウッド版の『最高の人生の見つけ方』そしてやりたい役としてあげていた秘書
まさか日本版に出演して、しかも秘書役を演じる日がくるとは!
ずっと演じたかった役を、吉永さん、天海さんをはじめとするキャスト・スタッフの方々とご一緒に作っていくのは夢のような日々でした。
このめぐり合わせは“嬉しい”の一言ではもう言い表せない。
スゴイと思うと同時に、言ってみるもんだなと思いました(笑)