Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©Marvel Studios 2018

『キャプテン・マーベル』予告編 「キャプテン・アメリカ」中村悠一が語り

CINRA.NET

19/2/8(金) 12:09

映画『キャプテン・マーベル』の日本版本予告編が公開された。

マーベル・スタジオの作品として初めて女性ヒーローが単独主人公となる同作は、「アベンジャーズ」が結成される以前である1995年のロサンゼルスを舞台にした物語。瀕死の重傷を負って記憶を失い、ビデオショップに不時着したキャプテン・マーベルが、やがてアベンジャーズを結成することになる若き日のニック・フューリーと共に自身の記憶を巡る戦いに立ち向かっていく様を描く。キャプテン・マーベル役をブリー・ラーソンが演じた。公開は3月15日。

予告編では、「君が必要だ」と求められたキャプテン・マーベルが「そんな力私にはない」と言う場面や、ジュード・ロウ演じるスターフォースの司令官の「このままでは弱い自分のままだぞ」というセリフ、トレードマークの眼帯を着けていない若き日のニック・フューリーが「カワイイでちゅね~」と猫に語りかける様子などが確認できる。予告編のナレーターは、2011年公開の『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』以降、キャプテン・アメリカの吹き替えを担当している中村悠一が務めた。