Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「フリ―ジ」メインビジュアル

急成長中のドバイをおばちゃん集団がブラックに斬る「フリージ」、高畑淳子が吹替

ナタリー

18/12/5(水) 12:48

アラブ首長国連邦(UAE)初の3DCGアニメーション「フリ―ジ」が2019年内に日本で初放送されることが明らかに。あわせて、高畑淳子が日本語吹替版のキャストとして参加していることがわかった。

モハメド・サイード・ハリブが監督を務め、2005年から制作が始まった本作。急成長を遂げるドバイを、UAEで生まれ育った生粋のUAE市民・エミラーティの高齢女性たち4人の視点から、ブラックユーモアを交えて描き出す。現地のテレビ局ドバイ・ワンでは2006~2008年まで「ナンバー1番組」として支持され、全5シーズン計70話が放送された。

高畑は女性グループ最年長メンバーで皮肉屋のウム・サイードの声を担当。一時的な記憶喪失を患っているウム・サルームを野沢由香里、機械や装置が大好きなウム・アラウィを小林さやか、反抗的な性格のウム・ハマスを片岡富枝が演じた。

12月4日に東京・目黒雅叙園にて行われたUAE National Day Reception内の発表イベントには、高畑とハリブが出席。高畑はサイードを演じた感想について「ちょっと変わったアニメでした。ユーモアのスケールが大きいと思いました」と述べる。続けて文化の違いを感じたと話し「そこが日本の人には一番面白いのではないかなと思います」と見どころを伝えた。ハリブは「日本の皆さまがUAEやこの作品を迎え入れてくださったらうれしいです。また、この作品を通して、UAEの文化を理解してくださったら幸いです。そして、日本のプロダクションチームの皆さまと高畑さんに、このようなすばらしい経験をさせていただき大変感謝しています」と語った。

「フリ―ジ」は2019年内にTOKYO MXにて放送される。

(c)2018 Lammtara Art Production. All rights reserved

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play