Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から浜辺美波、平手友梨奈、月川翔監督。

平手友梨奈が日スポ大賞新人賞「初めての映画が『響 -HIBIKI-』でよかった」

ナタリー

18/12/28(金) 15:43

本日12月28日に東京都内にて行われた「第31回日刊スポーツ映画大賞」の授賞式に、新人賞を受賞した平手友梨奈(欅坂46)が登壇した。

「日刊スポーツ映画大賞」は日刊スポーツ新聞社が主催する映画賞。平手は初主演映画「響 -HIBIKI-」で、圧倒的な文才を持つ現役女子高生・鮎喰響を演じ、自分の信念に正直で破天荒な一面を持ち合わせるヒロイン像を体現した。

昨年の新人賞受賞者、浜辺美波から盾を受け取った平手は「まだ実感が全然ないんですけど、すごくありがたいことだなと思っています。初めての映画が『響 -HIBIKI-』でよかったなと思いました」と受賞についてコメント。監督の月川翔が平手について「『演技ってなんですか?』という根本的な質問から始まって。響がどういう人なんだろうと話し合って現場に入ると、響そのものになって存在してくれたなと思う。平手友梨奈がいなかったらこの映画は作れなかったと思っています」と話すと、平手は「私はそうは思わないです」と照れくさそうに話した。また平手は、今後の映画出演については「自分がすごく好きで、この作品を届けたいと思ったらまたやりたいと思います」と述べていた。

※記事初出時、本文に誤りがありました。お詫びして訂正します。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える