Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

(C)赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019

泣く人、続出!? 『えいがのおそ松さん』が満足度ランキング第1位に

ぴあ

19/3/18(月) 18:00

「ぴあ」調査による2019年3月15日、16日公開のぴあ映画初日満足度ランキングは、完全新作ストーリーで描く人気TVシリーズの劇場版『えいがのおそ松さん』が第1位になった。原作は赤塚不二夫のギャグ漫画だが、出口調査では「こうくるのか!と衝撃があった」「泣いた」「作品への愛があふれてる」「どの層にもグっとくるものがある」などの声があがり、高い満足度を記録した。

『おそ松さん』は、漫画『おそ松くん』を原作に、大人になっても定職につかず気ままに暮らす6つ子たちの日常をシュールに描いたTVアニメで、2015年に第1期、2017年に第2期が放送された。映画は、高校の同窓会で同級生と再会した6つ子たちが、ひょんなことから18歳の自分たちがいる世界にタイムスリップする物語が繰り広げられる。

観客からは「ギャグや小ネタ満載で笑えた」「TVアニメと違ってひとつの長いストーリーになっていて、感動する場面もありギャップがあった」「自分も卒業するので重なるところがあって泣いた」「推しはカラ松だけど、改めて『6つ子最高!』って思わせてくれる映画だった」「6つ子だけの話かと思っていたので、こうくるのか!と衝撃があった」「自分のことを誰かが見てくれるいるんだよという温かいメッセージを感じた」「家族愛が印象に残るとても良い映画だった」「自分が大人になった今、6つ子の友情や関係性は微笑ましく、うらやましいと思った」などの声が寄せられ好評。

劇場には作品ファンだと話す10~30代の女性客の姿が多く「作品への愛に溢れていて期待を裏切らない。ずっと追いかけてきたファンには是非観てほしい」と話す人もいた。また、「予告を見て昔のマンガが懐かしくなって来た」と話す60代の男性は、「赤塚先生の元祖ギャグアニメという感じで、6人兄弟が騒がしかったり、昔のキャラも出てきたりして楽しかった。意外と若い女性のお客さんが多くてビックリした」と話していた。

(本ランキングは、3/15(金)、3/16(土)に公開された新作映画8本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

アプリで読む