Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」舞台挨拶の様子。

「映画ドラえもん」サバンナ高橋、“スネ夫のパパの権力”に来年も期待

ナタリー

19/3/2(土) 13:35

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」の公開を記念した舞台挨拶が本日3月2日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、ゲスト声優の広瀬アリス、中岡創一(ロッチ)、高橋茂雄(サバンナ)、柳楽優弥、監督の八鍬新之介、脚本を手がけた辻村深月、主題歌を担当した平井大が登壇した。

イベントの冒頭では、子供たちの呼びかけに応えてドラえもん、のび太、しずか、ジャイアン、スネ夫が元気いっぱいに登場。ドラえもんの「今回の冒険はどうだったかな?」という問いかけに、客席のあちこちから「楽しかった!」「面白かった!」と大きな声が上がった。

「映画ドラえもん」シリーズ第39弾となる本作。39が“サンキュー”とも読めることにちなんで、MCから登壇者たちへ「感謝したいことは?」と質問が飛ぶ。辻村が「映画を作ってくださった皆さん、原作者の藤子・F・不二雄先生、ドラえもんに感謝したい。映画を伴走できてうれしかったです」と答えると、ドラえもんは「僕もとっても楽しかった! ありがとう!」とうれしそうに体を揺らす。柳楽は「大好きなドラえもんに参加させていただけて感謝の気持ちです」と出演を喜び、広瀬は「この映画に参加できて本当にうれしかった! 私は初めて映画館で観た作品がドラえもんなんです」と笑顔に。スネ夫が広瀬の言葉を受けて「僕ちゃんも子供の頃からアリスちゃんのことを観てたよ!」とジョークを飛ばし、高橋から「スネ夫は口ばっかですわ!」とツッコまれる場面も見られた。

同じ質問に対して「スネ夫に特にサンキューしとかなきゃ」とつぶやいたのは、3年連続でゲスト参加した高橋。彼は「去年の舞台挨拶で来年も出たいと話したら、スネ夫が『パパに言ってあげるよ』と声をかけてくれて」と明かして笑いを誘う。スネ夫は「パパと、あと遊びに来てた東宝のえらい人にも言っておいたよ」と声を張り、来年も出演したいと願う高橋に「全然いいよ!」と気軽に返す。高橋はその言葉を喜びつつも「もし来年も出られたらスネ夫のパパの権力だと思ってください」とはにかんだ。

最後にドラえもんが「まだまだいろんなところへ冒険に行くので、これからもよろしくお願いします!」と観客に挨拶し、イベントを締めくくった。

レギュラーキャストとして水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一も参加する「映画ドラえもん のび太の月面探査記」は、全国の劇場で上映中。

(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019