Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

乃木坂46 松村沙友理、吉本坂46加入の意欲を見せる? 「秋元さんに言ってみようかな」

リアルサウンド

19/2/6(水) 12:10

 よしもと所属タレント約6,000人の中から選ばれたメンバーで結成されるアイドルグループ・吉本坂46の選考過程、結成の瞬間から成長などを追いかけるドキュメンタリー番組『吉本坂46が売れるまでの全記録』(テレビ東京系)。2月5日放送回では、個人ジャケット売上ランキング発表の模様をオンエアした。

(関連:乃木坂46 山下美月、先輩メンバーをも惑わす“小悪魔”キャラ 躍進の背景にある努力を辿る

 スタジオからは、レギュラーメンバーの東野幸治、クイズ作家・古川洋平、乃木坂46・松村沙友理が吉本坂46を見守る。2018年12月26日シングル『泣かせてくれよ』をリリースした吉本坂46。個人ジャケット売上の上位者にはご褒美として、5位には新宿天然温泉テルマ一湯、4位には熱海1泊2日、3位には北海道2泊3日、2位には韓国・ソウル2泊3日、1位にはハワイ旅行をプレゼントするという。松村はご褒美に驚いた様子を見せ「ハワイ行きたーい!」と反応。東野が「うち(吉本坂46)入ってくれへんかな」と聞くと、松村は「セカンドシングルもやるんだったら秋元さん(秋元康)に言ってみようかな」と加入への意欲を見せた。

 VTRでは吉本坂46の様子を放送。1位は吉本新喜劇・小寺真理(1655枚)となった。1位になった理由について小寺は「毎日のSHOWROOM配信かなと思いますね」「SHOWROOMの社長さん(前田裕二)も“人気のないSNSなんて名ばかりで更新頻度が大事”って教えてくれたので」と話した。その他、2位元NMB48・三秋里歩(1156枚)、3位元新選組リアン・榊原徹士(1012枚)、4位元NMB48・高野祐衣(972枚)、5位レインボー・池田直人(938枚)という結果に。一方下位5名は、42位ガンバレルーヤ・よしこ(93枚)、43位はんにゃ・川島章良(82枚)、44位スパイク・松浦志穂(77枚)、45位野沢直子(74枚)、45位ダイノジ・大地洋輔(73枚)になった。

 元アイドルに負けることなく1位を獲得した小寺について、古川は「知名度でいえば、劣っていた部分があったと思うんですけど、SHOWROOMとかで強いファンがついてたのかな」と解説した。松村は「個人的には、2位と4位に元NMB48の方が入ってくださってるのが、48グループでやってきたことが無駄じゃなかったって感じがしてグッときました」とコメントした。

 番組では『泣かせてくれよ』のオリコン週間シングルランキングを発表。以前、同シングルのオリコンランキングが、5位以内であれば「東野が焼肉を奢る」、6位以下であれば「古川が滝行をする」という賭けをしていた2人。『泣かせてくれよ』は1万5122枚を売り上げて、第3位という結果となった。焼肉を奢ることになった東野であったが「嬉しいじゃないですか!」と吉本坂46の活躍を祝福。さらに、東野は「3月末までに10万枚売上が達成したらご飯を奢る」と約束した。

 次回は2月12日放送予定だ。(向原康太)

アプリで読む