Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©2018 pictures dept. All Rights Reserved

段ボールに恋した男の記録映画『旅するダンボール』予告編 全世界配信も決定

CINRA.NET

18/10/17(水) 18:00

映画『旅するダンボール』の予告編が公開された。

『SXSW 2018』ドキュメンタリー・スポットライト部門に正式出品された同作は、放置されている段ボールを「段ボール財布」にアップサイクルする「段ボールアーティスト」島津冬樹(Carton)の姿を捉えたドキュメンタリー。ある日偶然見つけた徳之島産のジャガイモの段ボールの源流を辿る旅に出た島津と、道中で出会う人々との約3年間にわたる交流の日々を映し出している。監督、撮影、編集を同作が初の長編ドキュメンタリー作品となる岡島龍介、プロデューサーを汐巻裕子が務めた。

公開された予告編では、島津が「これって頂けたりしますか?」と段ボールの譲渡を交渉する姿や、「潰したくない、重ねて置いときたい」といったこだわりを述べる様子、ワークショップの参加者が「もう…ゴミとは呼べないね」と語るシーン、段ボール財布を手にした女性が涙を浮かべる場面、「ガラクタは、たからもの」というコピーなどが確認できる。

『旅するダンボール』は12月7日から東京・YEBISU GARDEN CINEMA、新宿ピカデリーほか全国で順次公開。一般公開に先駆け、10月19日から行なわれるアメリカのドキュメンタリー映画祭『27th Annual Hot Springs Documentary Film Festival』に正式出品され、島津が現地でワークショップを実施する。

またUS Amazonをはじめ、全世界へ向けてのVOD配信も決定。映画の配給権を取得したアンドリュー・ハーウィッツ(フィルムセールス)は「『旅するダンボール』を見たあと、今までとは自分をとりまく世界を見る目が少し変わりました。そして自分の周りの細やかなことに目が行くようになりました。この素晴らしいギフトを世界中の人と共有できることに、興奮を覚えています」とコメントを寄せている。

関連イベントとして、展覧会『Atelier Carton「旅と段ボール」』が10月27日から東京・YEAST GALLERY 渋谷、先行試写会とトークのイベント『Carton島津冬樹トーク&「旅するダンボール」公開直前・特別試写会』が11月3日に東京・池尻のIID 世田谷ものづくり学校で開催。12月には書籍『旅するダンボール~捨てられるものから価値あるものへ段ボールアーティストの挑戦~(仮)』が刊行予定だ。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play