Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

KAAT×地点 共同制作第9弾「シベリアへ!シベリアへ!シベリアへ!」ビジュアル

三浦基がチェーホフをコラージュする新作「シベリアへ!~」、「三人姉妹」再演も

ナタリー

19/5/21(火) 18:40

KAAT×地点 共同制作第9弾「シベリアへ!シベリアへ!シベリアへ!」が、5月27日から6月2日と、7月13日から16日に神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオで上演される。

本作はKAAT神奈川芸術劇場と地点による共同制作最新作。アントン・チェーホフがかつてシベリアを横断し、流刑地だったサハリン島まで旅をした際の紀行文をはじめ、彼の短編や手紙などのテキストを三浦基がコラージュし、舞台を立ち上げる。なお一部の公演ではアフタートークが実施され、5月28日には監修を務めた中村唯史とドラマトゥルクの高田映介、30日にはKAAT神奈川芸術劇場芸術監督の白井晃が、それぞれ三浦と登壇する。

また地点の代表作の1つ「三人姉妹」の再演が、7月4日から11日まで神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ、8月22日から25日まで京都・京都芸術センター 講堂にて上演されるので併せてチェックしよう。

KAAT×地点 共同制作第9弾「シベリアへ!シベリアへ!シベリアへ!」

2019年5月27日(月)~6月2日(日)、7月13日(土)~16日(火)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ

テキスト:アントン・チェーホフ
演出:三浦基
出演:安部聡子、石田大、小河原康二、窪田史恵、小林洋平、田中祐気

地点「三人姉妹」

2019年7月4日(木)~11日(木)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ

2019年8月22日(木)~25日(日)
京都府 京都芸術センター 講堂

作:アントン・チェーホフ
翻訳:神西清
演出:三浦基
出演:安部聡子、石田大、伊東沙保、小河原康二、岸本昌也、窪田史恵、黒澤あすか、小林洋平、田中祐気

アプリで読む