Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ネイビーズアフロ (c)読売テレビ

ネイビーズアフロ「ytv漫才新人賞選考会」を1位で通過、2位はからし蓮根

ナタリー

18/11/3(土) 5:00

昨日11月2日深夜、「漫才Lovers~ytv漫才新人賞選考会~ ROUND2」(読売テレビ)が放送され、ネイビーズアフロ、からし蓮根が今年度末に開催予定の「ytv漫才新人賞決定戦」への進出を決めた。

「選考会」は、芸歴10年以内の漫才師を対象にしたお笑い賞レース「ytv漫才新人賞決定戦」に挑む6組を決める戦い。年度末までに3回行われ、各回から2組の決定戦進出者が選ばれる。昨日の「ROUND2」では、さや香、ロングコートダディ、ニッポンの社長、蛙亭、ヒガシ逢ウサカらが火花を散らした。

今回の1位に輝いたのは前回大会で準優勝したネイビーズアフロ。皆川は「今日『M-1グランプリ』3回戦の結果発表があって落ちてしまったんです。お客様には申し訳ないのですが、ちょっとヤケクソになって出ていったら、その分めちゃくちゃ漫才に入り込めました」と勝因を分析する。また、相方・はじりは「去年の決定戦で、1位の霜降り明星にかなりの差をつけられて、悔しいけどスッキリ負けてしまったという感じがあったんです。今年は僕らがそれをやってやろうかなと思います」と意気込んだ。

2位通過のからし蓮根は3年連続で選考会で敗退しており、4年目の今回が初の決定戦進出。杉本は「去年結婚したので嫁がいるのですが、賞金はびた一文渡さずに僕が全部使うという気持ちで挑みます! 自分のために戦うと勝てそうな気がするので!」と宣言し、伊織は「優勝したらお父さんとお母さんとハウステンボスに行きたいです」と語った。

なお今年7月に行われた「選考会 ROUND1」では、たくろうとセルライトスパが「決定戦」に駒を進めている。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play