Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

乃木坂46 若月佑美、11月に卒業へ グループの基盤を作った“舞台演劇”における功績

リアルサウンド

18/10/4(木) 16:00

 乃木坂46の若月佑美が、10月1日更新の公式ブログにてグループからの卒業を発表した。

参考:乃木坂46 星野みなみ&若月佑美 1期生コンビが語る、7年目突入したグループの勢いと未来

 若月は今年11月いっぱいで乃木坂46としての活動を終了。卒業後も芸能活動を続けることを発表している。公式ブログでは、「さて、乃木坂46に入って7回目の夏が過ぎ…4期生という新しい風も吹き込み、3期生が育ち、時代がまた一つ変わろうとしていますね。それを素直に嬉しいと思った自分がいた事が1番の理由でしょうか。やりきったかなと」と卒業の理由を語っているほか、7年間見守っていたファンに向けて感謝の思いを綴っている。

 また、10月2日にオンエアされた『SHOWROOM』の配信番組『のぎおび⊿』では、1期生メンバーの秋元真夏が若月の卒業について言及。発表よりも前に卒業の話を聞いていたという秋元が「息が出来ないくらい嗚咽するほど泣いて」と語っていたように、1期生としてグループを支えてきた若月の卒業にメンバーやファンに与えるショックは大きかったようだ(参考:乃木坂46秋元真夏、盟友・若月佑美の卒業発表に大号泣 「息が出来ないくらい、嗚咽するほど泣いた」)。

 ブログの後半には、「私には叶えたい夢があります。頑張らなければいけない。ここからもっと」と前向きなコメントを寄せていた若月。若月の卒業発表について、『「アイドル」の読み方: 混乱する「語り」を問う』の著者であり、乃木坂46に詳しいライターの香月孝史氏に話を聞いた。

「若月さんは演技、特に舞台演劇で力を発揮してきたメンバーです。乃木坂46が結成された翌年から行われていた舞台公演『16人のプリンシパル』シリーズでも、若月さんは目を惹くメンバーの一人でした。また、グループの中ではいち早く乃木坂46主導ではない外部の舞台に出演してきたメンバーの一人でもあります。2014年には「第52回岸田國士戯曲賞」を受賞した前田司郎の戯曲『生きてるものはいないのか』の再演キャストに抜擢されます。スターシステム的な演劇と大きく趣の異なる不条理演劇の名作ですが、この作品にキャリアのまだ浅いガールズグループのメンバーがキャスティングされたことは、極めて異例だったと思います」

 若月は、堤幸彦が手掛けた舞台『2LDK』をはじめ、『ヴァンパイア騎士』、『嫌われ松子の一生』、『犬夜叉』などの舞台で主演や主要人物の役を演じ、女優としてのキャリアを積み重ねてきた。香月氏は、彼女がグループに与えた功績を次のように説明する。

「乃木坂46は今日まで、“舞台演劇”を武器にしたグループとして成長を遂げ、多様なタイプの作品にメンバーがキャスティングされるようになっています。その歴史の中で、先ほど挙げた『生きてるものはいないのか』のような作品への出演について言及されることは、それほど多くないと思います。しかし、まだ世間的に乃木坂46と“舞台”との関わりがさほど印象付けられていなかった段階で、若月さんが同作に出演し実績を作ったことは、グループの基盤を作っていく上で大変重要なことだったと思います。同時期には生田絵梨花さんがミュージカルで役者としてのキャリアを歩み始めて注目を集めていましたが、若月さんは生田さんとはまた異なる方向性で道を切り開き、乃木坂46の舞台演劇の幅を広げてきたメンバーです。現在、井上小百合さんや桜井玲香さんらも舞台演劇で頭角を現し活躍していますが、初期から乃木坂46の舞台方面の基盤を作り上げてきたのが彼女だったと思います。また、若月さんと前後して西野七瀬さんもグループを卒業しますが、若月さんや西野さんといった1期生メンバーが抜けていく中、そのメンバーが担っていた部分をどのように2期生や3期生が継承していくのかが、今後の大きなポイントとなっていくでしょう」

 若月はすでに女優としての活動を広げており、近作では松本大洋原作の舞台『鉄コン筋クリート』への主演、10月からオンエアされるテレビドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)への出演が決まっている。最後に、彼女のソロ活動への期待についても聞いた。

「現在の活動を見る限り、おそらくこの先も役者を続けていかれるのだと思いますが、グループでの立ち位置を離れ、若月佑美さん個人としてどんな色を出していくのかは楽しみですね。乃木坂46というグループ内ではともすればボーイッシュな役割を引き受けることが多くなりがちな方でしたが、舞台『ヴァンパイア騎士』で主演の黒主優姫役としてヒロインをしっかりと務めていたように、彼女自身は本来、乃木坂46の中で担っていた役柄にとどまらない、広い芸域を持つ方だと思います。それが今後どのような形で発揮されていくのか。演劇に重点を置いてきた乃木坂46なだけに、後進メンバーにとって良いモデルケースになることを期待しています」

 公式ブログで「日程や内容はまだ打ち合わせ中ですが何かしらの形でファンの皆様にはご挨拶をさせて頂こうとは思っています」と明かしていたように、今後なんらかの形でファンの前に姿を表す機会がありそうだ。また11月14日にリリースする22thシングルの選抜でも2列目のセンターに位置するため、そこでのパフォーマンスにも注目が集まる。(泉夏音)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play