Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『Be With You ~いま、会いにゆきます』 (c)2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

あの感動が新たによみがえる 『Be With You ~いま、会いにゆきます』メイキング映像公開

ぴあ

19/4/4(木) 7:00

2004年に竹内結子と中村獅童主演で映画化された市川拓司のベストセラー小説『いま、会いにゆきます』を韓国でふたたび映画化した、『Be With You ~いま、会いにゆきます』が、4月5日(金)に公開される。このたび、本作の撮影風景やキャスト、スタッフのメッセージを盛り込んだメイキング特別映像が公開された。

本作は「雨の降る日に、また戻ってくる」という約束を残してこの世を去った妻が、一年後の梅雨が始まったある日に、この世を去る前と変わらない姿で現れるという物語。だが彼女は記憶を無くしており、夫が誰なのかさえ覚えていない。妻は再会した夫と、初めての出会い、初恋、初デート、さまざまな初めての幸せの瞬間の思い出を分かち合い、ふたりは再び恋に落ちていく。韓国版ならではの要素やオリジナルエピソードも盛り込まれ、本国では公開から15日で動員200万人を突破し、韓国における恋愛映画では最速記録を打ち立てた。

よみがえった妻、スアを演じるソン・イェジンは、日本における韓国映画の歴代興行ランキング1位である、『私の頭の中の消しゴム』でヒロインを務めた女優。今回、14年ぶりの恋愛映画に挑戦した。また、『映画は映画だ』のソ・ジソブが初の父親役として、夫ウジンを演じる。

メイキング特別映像は、「そばにいてくれるだけでいい、そんな愛のかたちを伝えたかった」と語る、イ・ジャンフン監督の姿から始まる。続いて、ウジンとスアの出会いや、息子と3人で過ごす幸せなひとときの場面、笑顔につつまれた撮影現場の様子が映し出される。ソン・イェジンは「ウジンのキャラクターとソ・ジソプさんがすごく似ていると思いました。頼もしいところとか……」。対するソ・ジソプは「(ソン・イェジンさんは)役への向き合い方も、演技も素晴らしいですね」とコメント。

ファンタジー的な設定のなかでも、現実感や繊細さのある表現が必要となる本作。『建築学概論』(2013)も手がけたチョ・サンユン撮影監督は、「自然の風景を撮るときは、清々しい気持ちになれるようなロングショットを意識しました」と語っている。また、チェ・ギホ美術監督は、「セットにストーリーを持たせました。家にも家族の物語がある」と、スアの不在で生命力が失われた家が再生していく変化を表現したことを語るなど、メイキング特別映像は、本作にキャスト、スタッフのさまざまなこだわりが反映していることを伝えている。

『Be With You ~いま、会いにゆきます』

4月5日(金)公開

アプリで読む