Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「空母いぶき」初日舞台挨拶の様子。

西島秀俊と佐々木蔵之介が「空母いぶき」封切りに感無量、「この船に乗ってよかった」

ナタリー

19/5/24(金) 16:54

「空母いぶき」の初日舞台挨拶が本日5月24日に東京・TOHOシネマズ 日比谷で開催され、キャストの西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也、監督の若松節朗が登壇した。

佐々木は「楽しんでいただけましたか?」と観客に呼びかけ、会場が大きな拍手で満たされると「キャストやスタッフ、協力してくださった皆さんと喜びをわかち合いたい」と満面の笑みを浮かべて西島と顔を見合わせる。西島も「皆さんに観ていただいてやっと映画が完成する」と充実感あふれる表情で客席を見渡した。

映画のオリジナルキャラクターを演じた本田は「映画がより見やすくなったなと思ってもらえたら幸せ」とメッセージを送り、市原は「(劇中で)それぞれが勇姿を見せている。ぜひそれを感じて胸に残していただけたら」と熱っぽく挨拶する。深川は中井貴一との共演に緊張したと明かしながら「中井さんはメッセージカードを直筆で書いたり、マイ耳栓を使われていたり。ユーモアとこだわりが詰まったシーンになっています」と自身の登場場面をアピール。藤は「僕は映画を150本くらいやってますけど、ヒットしたのは6本くらい。ヒットの幸せを味わってみたいなあ」とのんびりとした口調で話して観客の笑いを誘った。

イベント中盤には、原作マンガを手がけたかわぐちかいじからの手紙がMCによって代読された。「スタッフの皆様、俳優の皆様、本当にご苦労様でした。そしてありがとうございました」という労いの言葉に、西島は「感激しました。かわぐち先生の原作はスケールがとにかく大きく、テーマも深いので実写化が難しいと言われていたんです。この映画が完成して、先生に素晴らしいお手紙をいただけて、皆さんに作品を観ていただけて。感無量です」と胸がいっぱいの様子で語った。

最後に佐々木は「参加するときはちょっとひるみましたが、この船に乗ってよかった。感謝していますし、誇りに思っています」と、西島は「平和の大切さ、かけがえのなさを改めて感じていただけたらうれしいです」と観客にメッセージを送り、舞台挨拶を締めた。

「空母いぶき」は国籍不明の軍事勢力から突如攻撃を受け、戦後最大の危機に陥った近未来の日本を描くサスペンス。全国の劇場で上映中。

(c)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

アプリで読む