Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

永野芽郁、『3年A組』涙のクランクアップ 「“当たり前の事”を改めて見直すきっかけを頂きました」

リアルサウンド

19/3/7(木) 16:00

 毎週日曜22時30分より放送中のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)で、高校3年生のヒロイン・茅野さくらを演じた永野芽郁がクランクアップを迎えた。

参考:菅田将暉と握手を交わす永野芽郁

 本作は、卒業式の一週間前に、3年A組担任の柊一颯(菅田将暉)が、10日間クラスの生徒全員を人質にとって教室に立て籠る学園ミステリー。数カ月前に突然この世を去ったかつての学園のスター生徒・景山澪奈(上白石萌歌)の“死の真相”について、1人の教師が29人の生徒を人質にとり、最後の授業を行う。

 先日放送された第9話では、人質となった刑事・郡司(椎名桔平)を屋上に連れていこうとする一颯に、さくらが「先生は何のために、誰のために闘っているんですか?」と問うた。振り返った一颯は、「Let’s think!」とつぶやき、爆弾を起動させ、屋上へ生徒が来られないように通路を断ってしまう。教室に戻ったさくらはクラスメイトに向かって、「私が澪奈を殺したの……」と衝撃的な告白。屋上では一颯が何者かに発砲され、倒れてしまうところでエンディングを迎えていた。

 永野の最後の撮影となったのは、一颯の3回忌のために、久々に訪れた魁皇高校でのシーン。1人だけのシーンで、喪服姿で静かにクランクアップを迎えた永野の元には、菅田が登場。柊一颯先生から茅野さくらに花束が贈呈され、現場は温かい雰囲気に包まれた。すべての撮影を終えた永野は涙ながらに、「菅田さんが劇中で話していた言葉が、自分の中にもあるはずの考えなのに、それに気付かずに毎日過ごしてしまっているなと感じていました。このドラマに出演させて頂いたことで、『当たり前の事』を改めて見直すきっかけを頂きました。本当にありがとうございました。お疲れ様でした」とコメントした。

 すべての謎が解き明かされる最終回は、3月10日22時30分から放送される。 (リアルサウンド編集部)

アプリで読む