Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「21世紀の女の子」ロゴ

山戸結希プロデュース「21世紀の女の子」200名の応募者から最後の監督が決定

ナタリー

18/8/9(木) 17:00

山戸結希が企画とプロデュースを担当するオムニバス映画「21世紀の女の子」。このたび、同作に携わる監督の最後の1人が、1995年生まれで立命館大学在学の学生・金子由里奈に決定した。

8分の脚本、企画へのマニフェスト、過去の映像作品のいずれかを提出という条件のもと、約200名の応募者から選ばれた金子。「雲の上の存在と思っていた山戸結希監督に私の存在を見つけてもらえて、孤独のしこりが一瞬にして溶けるように嬉しかったです」とコメントしている。

「21世紀の女の子」は、“あるひとつのテーマ”を表現した8分以内の短編で構成される作品。山戸のほか井樫彩、枝優花、加藤綾佳、坂本悠花里、首藤凜、竹内里紗、夏都愛未、東佳苗、ふくだももこ、松本花奈、安川有果、山中瑶子が監督として参加することがすでに発表されている。3月に開催されたキャストオーディションには約2000名が応募した。

「21世紀の女の子」は2019年新春に全国で公開される予定。

金子由里奈 コメント

雲の上の存在と思っていた山戸結希監督に私の存在を見つけてもらえて、孤独のしこりが一瞬にして溶けるように嬉しかったです。尊敬する映画監督の皆様と「21世紀の女の子」という一本の映画を作り上げて行くこと、緊張しますが楽しみです! そして、映画館に座る誰かの日常とこの映画が出逢えることが何よりも嬉しいです。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play