Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

星野源、ライムスター宇多丸の『アトロク』に登場 独自の楽曲制作や現在の音楽シーンを語る

リアルサウンド

19/1/31(木) 8:00

 星野源が、ライムスター宇多丸がパーソナリティーを務める『アフター6ジャンクション』(TBSラジオ)1月29日放送回に出演した。星野源といえば、『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』(TBSラジオ/以下『タマフル』)のリスナーであり、ラジオネーム「スーパースケベタイム」で公募ジングルを投稿したという過去も(星野が作ったものとは知らされないまま、同曲は番組ジングルに採用された)。さらに、昨年3月31日の『タマフル』最終回にも出演しており、宇多丸と星野は深い関係で知られている。

(関連:星野源『POP VIRUS』はさらに多くの人々へと拡散していく 『紅白』披露の「アイデア」を観て

 そんな2人の最初の話題は、最近聴いている音楽について。星野は、最近海外で流行っている竹内まりやの楽曲や、「Dead Leaf」(『POP VIRUS』収録)で山下達郎にコーラス/コーラスアレンジを依頼した経緯から山下達郎の楽曲を聞き直していたと明かす。また、海外アーティストについて聞かれると、Francis And The Lights、Vulfpeckの名前を挙げた。

 宇多丸は「ある意味達郎さんって、『YELLOW DANCER』以降の星野くんの挑戦というか。欧米圏・メインストリームでの世界的なモードを一旦完全に咀嚼した上で、でも完全にアウトプットは日本語のポップス、というのをずっと先駆者としてやられている方ですもんね」とし山下達郎と星野との共通点を語る。山下達郎について宇多丸は、“アウトプットしたものがオリジナルになってることが凄い”とした上で、星野に「その最新型があなたなんですよ」と賞賛した。

 トークは『POP VIRUS』の話へ。まず宇多丸は「歌詞で歌おうとしていることと、星野くんが音楽的にやろうとしてることが一致している」とし、「ブラックミュージックとJ-POP・歌謡的の感覚の融合は『YELLOW DANCER』でうまくいったんだけど、今回は“なぜこれを自分がやっているのか”という意味の問いかけまで突き詰めたように思いました」と独自の解釈を語る。それに対し星野は、“何かを決めて作ったわけではない”としつつも“楽曲制作をする過程で自分自身がやりたいことが見えてきた”と答えた。

 また、同アルバムで鍵になった曲は「POP VIRUS」だったという。楽曲制作について星野は「頭の中に映像、景色、雰囲気が先に出てくるんですよ。でもそれが言葉にできないし、自分の中の感覚でしかないんですね」「そのビジョンを音にするんだったらどうするんだろうと思って、まず音に。TR-808とかTeenage Engineeringでビートを流しながらギターを鳴らして曲を作る」と裏側を語った。

 『POP VIRUS』を聴いた宇多丸は「(星野は)“2018年に売れた作品はこれです”ってなったときに、後になって恥ずかしくないものを作ろうとしたに違いない」と思ったとのこと。星野は「年代っていうよりも、“海外進出”ってあるじゃないですか。日本でやってることは海外では受けないとか。だから海外用に、場所なり歌詞なりアレンジを全部変えなきゃいけないっていうのはとっても古いことだと思っていて……」と国内の音楽シーンについてふれる。

 続けて「音楽に関しては、国境はなく地域だと思うんですよね。“あの地域ってダサいよね”ってぐらいの感覚。そういう感覚になったときに、どこの地域に行っても自信を持って鳴らせる音楽を作りたいと思ったんですよね」「今回のアルバムは、東京という地域で育ってそのままの空気を含めた“俺の生活のアルバムなんだ”っていうものを作った。それは、生活を描くことで、どこへ行っても“これが君の生活なんだね”って思ってもらえるであろうという確信のもと作った感覚なんですよね」とアルバムへの思いも語った。

 数年前、宇多丸は星野から”グルーヴィな譜割にしたくなるサビを、あえてベタにしている”という話を聞いたと明かす。宇多丸から「まだそういった意識がある?」と聞かれると、星野は「単純に歌の技術がないんですよ。音程を早く移動できないんです。ゆっくりした歌しかなかなか歌えなくて。それを楽しい曲するために、コード進行をめちゃくちゃ凝って工夫してたんですよ」と答える。さらに譜割について「めちゃくちゃ速い曲なんだけど歌の譜割は遅い/広いとか。そういうポップさが僕は好きだったりもするので、そういう曲を作ろうとは思っていたんですけど、段々そういう気持ちはなくなっていて。自分が歌える限界の範囲は、きっとカラオケでみんなが歌える範囲なのではないかっていう感覚もあるので、ポップなのではないか」と自らの考えを述べた。

 番組では「Get a Feel」(『POP VIRUS』収録)を流すことに。同曲について宇多丸は「(歌詞が)ブラックミュージック論じゃないですか。そう思って書いてるんじゃないの?」と聞くと、星野は「なんとなくっす」と即答。宇多丸が「前半はブルーズについてというかさ。“黒人音楽的な情感を普遍化するとこうなる”みたいな」と歌詞についてふれると、「どちらかというと、この感覚ってどの国にもあるんじゃないかなって思いですね」と答えた。

 宇多丸はまだまだ時間が足りない様子で、“ライミングの上手さにもふれたかった”と悔しさをにじませる場面も。宇多丸ならではの先鋭的な考察をふまえつつ、星野の『POP VIRUS』制作への思いや裏側も明らかとなった同放送。星野の発言の所々からは、国籍や性別を超えた普遍的な感情を歌おうとしていることがひしひしと伝わってきた。『POP VIRUS』という作品に改めて向き合いたくなる放送回だったように思う。(北村奈都樹)

アプリで読む