Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

尾崎世界観に訪れた大きな“変化”ーークリープハイプ『泣きたくなるほど嬉しい日々に』評

リアルサウンド

18/9/19(水) 12:00

 バンドが一応プロとしてなんとか形になって、生活も安定した。でも、オシャレな店や高い店には相変わらず行けない。かといって、これまでどおり松屋とかでメシを食いたくても、「あ、尾崎だ」ってなるからそっちにも行けない。つまり、売れたことによって何かを手に入れたけど何かを失ったんじゃなくて、両方失ってしまったーー4〜5年前にインタビューした時、尾崎世界観がそんなことを言っていたのを、クリープハイプのニューアルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』を聴いていて思い出した。

 って、これだとちょっと例が卑近すぎるか。じゃあえーと、たとえばその『泣きたくなるほど嬉しい日々に』の特設サイトに寄稿された、燃え殻のテキストによると、「武道館のステージに立てば、何か変わるはずだと思ってたんですよ」「ライブの出来は完璧だったんですよ。でも何も変わらなかったんです。気持ちが」と、尾崎は話していたという。大きく言えば、これも同じことを表していると思う。

 何を。みじめさや悔しさやむなしさや、後悔や逡巡や迷いだらけの日々から、自分をひっぱり上げてくれる唯一の方法だったはずの「音楽でなんとかなる」ことを現実に成し遂げても、なんにも救われない。小説『祐介』で描いたような、バンドもバイトも女関係も何ひとつうまくいかない暮らしから脱出できたのに、相変わらずみじめさや悔しさやむなしさだらけ、後悔や逡巡や迷いだらけだ。いや、今度はそれが「プロのミュージシャンとしての」みじめさや悔しさやむなしさにグレードアップしているわけだから、さらによけいしんどいかもしれない。

 フェスに出てもいわゆる「フェスロック」的な音のバンドのようには盛り上がらない、とか。「なんか人気あるみたいだから」と、何もわかってないくせに権力だけは持っているバカが適当に寄って来てなめたことを言って来やがる、とか。同じように、私生活の面も、何かが劇的に改善されたかというと、全然そんなことはない、むしろ前より不自由でままならなくなっている気がする、とか。

 そんなことはいくらでもある。というか、クリープハイプが人の目に多く触れるようになればなるほど、あたりまえに増えていく。でもまあ、そういうのも込みでプロのバンドマンだから、というふうに割り切れるタチではない、尾崎世界観という人は。そういうことひとつひとつに、目をつぶらず、薄目にもならず、カッと目を見開いてまっすぐに対峙してしまう、そういう厄介なピュアさでもって世間と接する人だ、おそらく。

 『祐介』を書く前は、バンドをやめようとすら考えていた、でも小説を書くことでなんとかそこから脱することができた、みたいなことを、当時、尾崎のインタビューを読んだら言っていた。そこまで思いつめていたのも、まあ、そういうことなのだと思う。

 ただ、前作『世界観』を聴いた時、そんな尾崎が変わり始めているように感じた。そして今作『泣きたくなるほど嬉しい日々に』を聴いて、はっきりと、ああ、尾崎はもう、そこから脱したんだな、と思った。

 そういう現実を受け入れた、というと簡単すぎるし、「肯定した」とか「認めた」というのもちょっと違う。「前向きにあきらめた」くらいの感じが、いちばんしっくり来る気がする。

 これからもみじめさや悔しさやむなしさや後悔や逡巡や迷いにまみれながら暮らしていく、そのたびにいちいちうんざりしたり傷ついたり絶望したりしながら生きていく、それを解決することはあきらめた。ただ、「大体大大大きらいだ、こんな自分が」とか言って逃げるな、と自制できるくらいの分別はもうついてしまった。今日はアタリ 、今日はハズレ、そんな毎日でも進んでいかなきゃいけないから、今を大好きになるように、催眠術でもいいからかけてほしい、明日も進んでいかなきゃいけないから。じじいになる前にやり残した事があるので、後悔あとで勃たなくなる前にあんな事もこんな事もやりたいので。

 って、「金魚(とその糞)」「陽」「今今ここに君とあたし」の歌詞を、自分に都合のいいようにつなげて書きたくなったのでそうしてしまったが、でも、そんなふうに僕には届いた、このアルバムは。もうひとつ言うと、「栞」や「お引っ越し」のような「終わり」や「別れ」を描いた曲も、ただ「終わった」「別れた」に留まらない何かを感じたりもする、聴いていると。

 とりあえず、「一生のお願い」みたいな、切実で幸せなラブソングを、照れたり自分で嘘くさく感じたりせず歌えるようになったことは、尾崎にとって大きな変化だと思う。「泣き笑い」のように、自分が言ってほしいことと聴き手が言ってほしいことがイコールで結ばれた曲を書けるようになったこともそうだし、「燃えるごみの日」に〈こんな日が来るなら もう幸せと言い切れるよ〉というラインを入れられるようになったこともそうだ。

 そして、アルバムのラストで〈そんなに簡単に 変わらないよ〉と断言し、自分に希望を与えようとする自分の考えにいちいち〈だからなに うるせーよ〉とつっかかる曲に、「ゆっくり行こう」というタイトルを付けることができた、ということが、特にそうだと思う。というか、ここまで僕が延々と書いたようなことを、簡潔にすべて表している曲がこれだとも思う。

 リリックのことばかり書いてしまったが、そのようなマインドの変化が、音にも表れているように感じる。尾崎のサイドギターはあきらかにひずみすぎていて、小川幸慈のリードギターはあきらかにでかすぎて、尾崎のボーカルはさらにそれよりもでかすぎるのが、王道クリープハイプ曲の音作りだが、このアルバムではいよいよ分別とか配慮をなくして、のびのびとそのように鳴っている。「イト」のホーンアレンジ&プログラミングシンセも、「禁煙」のストリングスも、「導入しました!」みたいな意気込み感なしで、「あ、そういや入ってるね」くらいの自然さで響いて来る。本来まんなかに立って自分の書いた詞曲を歌う人なのになぜかステージ下手でベースを弾いている男、長谷川カオナシの「私を束ねて」は、「アルバムの中のいいアクセント」というレベルを超えて「もっと曲書いてアルバムに入れればいいのに」と言いたくなる仕上がりである。というふうに、かつてなかったほど、音楽的にさまざまなトライアルをしたアルバムなのに、最後の「ゆっくり行こう」は簡素の極みみたいなアコースティックギター1本弾き語りである、というのも、とてもいい。

 これからも尾崎は愚痴ったり悪態ついたり途方に暮れたりうつむいたりしていくだろう。現にこのアルバムでも何度もそうしている。そこは以前と変わらない。が、それがそのまま、音楽というエンターテインメントの純度に結びつく結果になっているのが、これまでの作品と違うところだとも感じる。平たく言うと、わかりやすくて、これまでクリープハイプの音楽が届かなかった人たちにまで届くのではないかと思う。

■兵庫慎司
1968年生まれ。音楽などのライター。「リアルサウンド」「SPICE」「DI:GA online」「ROCKIN’ON JAPAN」「週刊SPA!」「CREA」「KAMINOGE」などに寄稿中。フラワーカンパニーズとの共著『消えぞこない メンバーチェンジなし! 活動休止なし! ヒット曲なし! のバンドが結成26年で日本武道館ワンマンにたどりつく話』(リットーミュージック)が発売中。

■リリース情報
『泣きたくなるほど嬉しい日々に』
9月26日(水)発売

<収録曲>
1. 蛍の光
2. 今今ここに君とあたし
3. 栞
4. おばけでいいからはやくきて
5. イト
6. お引っ越し
7. 陽
8. 禁煙
9. 泣き笑い
10. 一生のお願い
11. 私を束ねて
12. 金魚 (とその糞)
13. 燃えるごみの日
14. ゆっくり行こう

【特装版】(完全受注生産限定)
仕様:CD(全14曲)+2DVD+長方形スチール缶パッケージ+詩集+8折ビジュアルリーフ+栞
▼2DVDタイトル 
「地面に咲いてる」
「今からすごく話をしよう、懐かしい曲も歌うから」をすこし 〜2018年2月9日 中野サンプラザ〜
価格:7,500円(税込)

【初回限定盤】
仕様:CD(全14曲)+DVD+丸スチール缶パッケージ+半円型ブックレット+栞
▼DVDタイトル
「今からすごく話をしよう、懐かしい曲も歌うから」をすこし 〜2018年2月9日 中野サンプラザ〜
価格:3,996円(税込)

【通常盤】
仕様:CD(14曲)
価格:2,970円(税込)

■関連サイト
「Uta-Net」での全曲歌詞掲載

■ライブ情報
クリープハイプ 全国ライブハウスツアー『今今ここに君とあたし』

スケジュール全日程 ※全23公演
2018年10月04日(木)石川県 金沢・EIGHT HALL 開場18:15/開演19:00
2018年10月05日(金)長野県 長野・CLUB JUNK BOX 開場18:30/開演19:00
2018年10月07日(日)秋田県 秋田・Club SWINDLE 開場17:00/開演17:30
2018年10月11日(木) 高知県 高知・キャラバンサライ 開場18:30/開演19:00
2018年10月13日(土)大分県 大分・DRUM Be-0 開場17:15/開演18:00
2018年10月14日(日)山口県 周南・RISING HALL 開場17:00/開演17:30
2018年10月18日(木)岡山県 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM 開場18:15/開演19:00
2018年10月20日(土)滋賀県 大津・U★STONE 開場17:30/開演18:00
2018年10月21日(日)静岡県 清水・SOUND SHOWER ark 開場16:45/開演17:30
2018年10月25日(木)北海道 札幌・PENNY LANE24 開場18:15/開演19:00
2018年10月26日(金)北海道 札幌・PENNY LANE24 開場18:15/開演19:00
2018年10月28日(日)北海道 函館・club COCOA 開場17:00/開演17:30
2018年11月09日(金)大阪府 大阪・なんばHatch 開場18:00/開演19:00
2018年11月10日(土)大阪府 大阪・なんばHatch 開場17:00/開演18:00
2018年11月14日(水)東京都 新木場・STUDIO COAST 開場18:00/開演19:00
2018年11月15日(木)東京都 新木場・STUDIO COAST 開場18:00/開演19:00
2018年11月18日(日)宮城県 仙台GIGS 開場16:45開演17:30
2018年11月23日(金祝)香川県 高松・festhalle 開場16:45/開演17:30
2018年11月26日(月)愛知県 名古屋・Zepp Nagoya 開場18:00/開演19:00
2018年11月28日(水)東京都 台場 ・Zepp Tokyo 開場18:00/開演19:00
2018年12月01日(土)福岡県 福岡・DRUM LOGOS 開場17:15/開演18:00
2018年12月02日(日)福岡県 福岡・DRUM LOGOS 開場16:45/開演17:30
2018年12月04日(火)広島県 広島・BLUE LIVE HIROSHIMA 開場18:00/開演19:00

クリープハイプ オフィシャルサイト

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play