Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

SUGIZO

SUGIZOプロデュース「ガンダム」EDにGLIM SPANKY、miwa、コムアイ、BiSHアイナ

ナタリー

19/4/18(木) 12:00

SUGIZO(LUNA SEA、X JAPAN)が手がけるNHK総合アニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」エンディングテーマの参加アーティストが発表された。

SUGIZOは「機動戦士ガンダム」の誕生40周年プロジェクトの総合音楽プロデューサーを務めており、エンディングテーマのために書き下ろしの新曲を提供するほか、フィーチャリングゲストを迎えて歴代「ガンダム」楽曲のカバーを制作することがアナウンスされていた。参加アーティストとして発表されたのはGLIM SPANKY、miwa、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、アイナ・ジ・エンド(BiSH)の4組。GLIM SPANKYはエンディングテーマ第1弾を担当することが決定しており、彼女たちは1982年に公開の「劇場版 機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編」の主題歌でもある「めぐりあい」をカバーする。同カバーにはプロデューサーのSUGIZOも演奏とアレンジで参加する。

またmiwa、コムアイ、アイナ・ジ・エンドの歌唱曲などはアニメの放送で解禁予定なので、ファンは続報を楽しみにしておこう。なお、アニメのオープニングテーマはLUNA SEAが担当する。

SUGIZO コメント

今回「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」のOP曲&ED曲及び、
40周年テーマ曲のプロデューサーという大役を任命いただき、
子供の頃からの長年のファンとしてはただただ光栄の一言に尽きます。
僕の精神性、生き方を決定づけるファーストインパクトがガンダムでしたから。
そして同時に途方もないプレッシャーも感じました…果たして僕で良かったのか、と。
とにかく自分が持つ揺るぎないガンダム愛と最大級のリスペクトを込めて取り組ませていただきました。

今回の書き下ろし曲に関しては、
40年に渡る日本のサブカルチャーを象徴する名作の歴史に心からの感謝と敬意を持ちながら、
ガンダム世界の未来にポジティヴな光を照らすべく、存分に音を綴らせていただきました。
何よりもLUNA SEAとして関わらせていただくことができて、本当に感無量です。

過去ガンダム曲のカバーに関しては、自分がコアファン故に外せない決定的な名曲を、現在最も刺激的だと思う女性シンガー達に歌ってもらいました。
僕が確信する最高の楽曲達に、最高の布陣で、最高のアレンジを施しました。
それぞれの曲を現在進行形での輝きを持ち得る音楽として、そのポテンシャルを最大限に引き出せたのではないかと自負しています。

是非「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」、期待してください。そして40年後のガンダムの未来がより輝いたものでありますように…。