Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「そらのレストラン」完成披露試写会。左から鈴井貴之、大泉洋、本上まなみ、深川栄洋。

大泉洋が北海道で「そらのレストラン」舞台挨拶、鈴井貴之は元妻の接待受ける

ナタリー

18/11/28(水) 12:46

「そらのレストラン」の完成披露試写会が、11月27日に北海道のユナイテッド・シネマ札幌にて行われ、キャストの大泉洋、本上まなみ、鈴井貴之、監督の深川栄洋が登壇した。

本作は、チーズ工房を経営する酪農家の亘理(わたる)が、仲間たちと1日限りのレストランを開くため奮闘するさまを描く人間ドラマ。大歓声に包まれ、地元・北海道での舞台挨拶に登場した亘理役の大泉は「『しあわせのパン』から続き、おいしい料理がたくさん出てくる映画となっています! 皆さんはこれから観られるということでネタバレができないわけですが……果たして一体誰が犯人なのか? “クリスマスを盗んでチーズを食べる話”じゃないですよ!?」とほかの出演作のストーリーをもじって挨拶し、さっそく会場を盛り上げる。

北海道が舞台の「しあわせのパン」「ぶどうのなみだ」に続いて本作でも主演を務めた大泉は、「シリーズの北海道らしいテイストは残しつつも、今回は人間が色濃く描かれていて、子供のような男たちの友情に注目してほしい!」と作品をアピール。そして「北海道の皆さんにいち早く観てもらえることがとてもうれしい!」と地元愛をあふれさせた。

チーズ作りに励む亘理を見守る妻のこと絵を演じた本上は「北海道を代表するスーパースターの妻を演じました」と笑顔で挨拶し、劇中の亘理同様に大泉が撮影の合間に家族とコミュニケーションを密に取っていたエピソードを語り、家族を大事にする大泉を称賛した。大泉と作品を作るのは4回目だが、北海道での撮影は初めてという深川は、せたな町での撮影について「函館空港からも千歳空港からも3時間くらいの場所でしたが、素晴らしい場所でした」と述懐。そして「大泉さんなので、天候に恵まれず、足元がべちゃべちゃになりながらも撮影をしました。でも映画は素晴らしいので!」と冗談交りに不満を訴えると、大泉は「なんの話がしたいのよ!」とすかさずツッコみ、コンビネーションのよさを見せつけた。

次に、バラエティ番組「水曜どうでしょう」で大泉と共演し、本作にも出演している“ミスター”こと鈴井がサプライズで登場。劇中で実際に大泉が使用していたというバイクを押しながら登場した鈴井は、本作に参加した経緯について聞かれると「この作品のプロデューサーである元妻から電話がありまして、ここで断ったら絶対よくないと思って……。夫婦のときは全然話さなかったのに、別れてからは仲がいいんですよ」と理由を話し、ギャラの代わりに三日三晩接待されたことも明かした。

最後に大泉は「この映画は、本当の生産者の方々をモデルにしています。この映画を観て、(映画に出てくるような)北海道の食材を皆さんにたくさん食べていただいて北海道がより元気になればいいなと思っています。今年は特に大きな震災もありましたので、来年はこの映画が少しでも北海道のお役に立てればと思っております!」とメッセージを伝え、温かな雰囲気のまま終了した。

岡田将生、小日向文世、眞島秀和、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、風吹ジュンも出演する「そらのレストラン」は、2019年1月25日から全国ロードショー。

(c)2019『そらのレストラン』製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play