Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

松本隆 風のそのさき

その後のはっぴいえんど ──「君は天然色」(大瀧詠一)

全10回

第7回

19/4/7(日)

 アグネスに詞を書いて売れた頃は、ロックを捨てたとか散々叩かれたりしたけど、僕の中では明確な意志があった。はっぴいえんどでは、質を追求することで終わってしまったから、バランスとしてその後やるべきことは量の追求だと思った。もちろん、単に数をこなすということではなくてね。はっぴいえんどで切り開いたクオリティーをどう量的なエネルギーに変換していくか ──それをやるフィールドとして歌謡曲、つまり日本語によるポップスが最適だったというわけ。

アプリで読む