Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

エル・ファニング主演『メアリーの総て』12月公開 『フランケンシュタイン』作家の人生描く

リアルサウンド

18/9/11(火) 9:00

 エル・ファニング主演の映画『Mary Shelley(原題)』が、『メアリーの総て』の邦題で12月に公開されることが決まった。

参考:エル・ファニングのラブシーンの裏側

 本作は、ゴシック小説の金字塔『フランケンシュタイン』を生んだ作家メアリー・シェリーの波乱に満ちた人生を初めて映画化したもの。舞台は19世紀のイギリス。小説家を夢見るメアリー(ファニング)は、妻子ある詩人パーシー・シェリーと出会い、駆け落ちするが、愛と放蕩の日々は束の間、メアリーに数々の悲劇が襲い掛かることに。そんな中、夫と滞在した悪名高い詩人・バイロン卿の別荘で「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられ、メアリーの中で何かが生まれようとする。

 今回公開されたビジュアルでは、ファニング扮するメアリーが1人執筆を進める美しい姿が描かれている。また、19世紀イギリスが舞台であるからこその華麗な美術にも注目だ。

 監督を務めるのは、『少女は自転車にのって』のハイファ・アル=マンスール。サウジアラビア初の女性監督として殺害予告を受けるなど、メアリー同様に波乱に満ちた人生を生きるハイファ監督は、メアリーの生き様に強く感銘を受け、哀しくも美しいメアリーの人生を極上の映像美でスクリーンに焼き付けた。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play