Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「君が君で君だ」トークイベントにて、左から池松壮亮、松居大悟。

池松壮亮、覚悟を持って演じた「君が君で君だ」振り返る「宇宙人になろうと思った」

ナタリー

18/8/3(金) 13:02

「君が君で君だ」で主演を務めた池松壮亮と監督の松居大悟が、東京・新宿バルト9で8月2日にトークイベントを行った。

「自分の事ばかりで情けなくなるよ」「私たちのハァハァ」などでも松居とタッグを組んできた池松は「お互いのキャリアが一周してもう一度しっかりと組めてよかったです。ただ、非常に難しい闘いになるなとは思いました」と企画が始動した当初を振り返る。そして「誰も踏み入れていないところに足を踏み入れようとしていましたし、大げさな言い方をすると、人類が答えを出していないものにシンボリックな表現を含めて挑もうとしていました。しかもこんな時代に。どれだけ説得力を持たせるか、企画をいただいてから今日まで考えていました」と覚悟を持って本作に挑んだことを明かした。

キム・コッピ演じるヒロイン・ソンの憧れの人物である尾崎豊になりきる男を演じた池松。役を演じるにあたり「最近いろいろな映画や表現があり、あまりにもごちゃごちゃしている。ここらへんでひとつ、かっ飛ばしてみようかなと思いました」と熱い思いがあったようで「映画とか、人とか、表現とか、ものすごく気を使う時代になってしまって。そういうものを超えるため、宇宙人みたいになり、銀河みたいなところに行ってみようと思いました。伝わると思って表現していたものを一度爆発させて、この作品に乗せて演じられたように思います」と語る。

松居は「プロとして、正しいとか正しくないとかいうことを超えてモノ作りをやる仲間として、すごく脚本について話しました。映画というものに向かって前向きにやっていった時間は、生産的というか正しかったなと思います」と、池松との現場でのやり取りを回想。また観客からの「この映画を観て客観的にどう思いましたか?」という質問に、池松は「本物の感情の強さみたいなものを見せられる作品だという気がしていて。本当に誰かを思うとか、本当に人と喧嘩するとか、人間の感情のすごさを見せられる映画だと思います」と答えた。

(c)2018「君が君で君だ」製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play