Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

巨大プリンを囲む登壇者たち。左から藤原さくら、松田颯水、ホラン千秋、水樹奈々、小林星蘭、鈴木杏樹、令丈ヒロ子、高坂希太郎。

「若おかみは小学生!」巨大プリンで小林星蘭の誕生日祝福、水樹奈々は小学生役に不安

ナタリー

18/9/22(土) 17:25

劇場版「若おかみは小学生!」の公開記念舞台挨拶が本日9月22日に東京・TOHOシネマズ 新宿で行われた。

同名児童文学を原作にした本作は、両親を亡くし祖母の温泉旅館「春の屋」で暮らすことになった小学6年生の関織子こと“おっこ”が、若おかみとして奮闘するさまを描いた劇場アニメ。4月よりテレビ東京ほかでテレビアニメが放送中で、劇場版は昨日9月21日に公開された。舞台挨拶にはテレビ版から引き続き出演するおっこ役の小林星蘭、秋野真月役の水樹奈々、立売誠役の松田颯水のほか、ゲスト声優となる関咲子役の鈴木杏樹、グローリー・水領役のホラン千秋、主題歌を担当した藤原さくら、原作者の令丈ヒロ子、監督の高坂希太郎が登壇した。

原作小説が小学生の頃から大好きという小林は「友達同士で争奪戦になるくらい人気だった。オーディションに受かったときは本当にうれしくて涙がこぼれました」と思い入れの深さを語る。オーディションを経て真月を演じた水樹は「私が小学生役で大丈夫かなと思っていたら、現場に(若い)星蘭ちゃんがいて、本当に大丈夫かな……と(笑)」と初対面時を振り返り、笑いを誘う。

続けて水樹が「星蘭ちゃんは座長として引っ張ってくれてたくましい」と小林を評すと、声優初挑戦のホランも「星蘭ちゃんの声が素晴らしくて、劇中ではグローリーが引っ張るのに演技ではおっこに引っ張って助けてもらった。こんなにも私の“いい女”な部分を引き出していただいてありがとうございます」と感謝。小林は「みんなに褒められてどうすればいいのか……」と照れていた。

主題歌「また明日」について、藤原は「つらい過去を背負いながらも前に進むおっこちゃんとみんなを支えられるような曲にしたかった」と制作時の思いを述懐。また令丈は本作について「同じシナリオでノベライズするために何度も観たけど、毎回泣いている」と打ち明け、高坂は「描いても描いても終わらなかった」という制作作業を振り返って「長い闘いだった」と感慨深げな表情を見せた。

誕生日の近い鈴木、小林、ホランに、劇中に登場する「春の屋」特製露天風呂プリンを再現した大きなプリンがプレゼントされる場面も。9月25日に14歳となる小林は、その巨大さに「こんな大きいの……すごい」と戸惑いつつ、一口食べると「プリン大好きなんです。こんなサイズ幸せじゃないですか」と満面の笑みを見せる。さらに3人には高坂から似顔絵が描かれた色紙もプレゼントされた。最後に小林は「初めて観たときは気付かなかったことが見えてくると思うので、ぜひもう1回、2回と観に来てほしい」と挨拶し、イベントを締めくくった。

(c)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play