Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ニセコイ」公開記念舞台挨拶の様子。

中島健人ら「ニセコイ」キャストがデートコーデ披露、岸優太は舞台衣装で駆けつける

ナタリー

18/12/22(土) 23:48

本日12月22日に東京・TOHOシネマズ 日比谷で映画「ニセコイ」の公開記念舞台挨拶が行われ、キャストの中島健人(Sexy Zone)、中条あやみ、池間夏海、島崎遥香、岸優太(King & Prince)、DAIGOが登壇した。

「ニセコイ」は「週刊少年ジャンプ」で連載されていた古味直志による同名マンガを映画化した作品。恋人同士のふりをすることになったヤクザの跡取り息子・一条楽とギャングの娘・桐崎千棘の関係を描くラブコメディで、楽を中島、千棘を中条がそれぞれ演じている。

会場に現れた中島は、映画について「見れば絶対彼女ができる映画です」と言い切り、「美しくて華々しい女性の方々が出演していて、男性はおそらく『恋したいな』と思えるような映画になっていると思います」とコメント。続いて中条が「今日は皆さん来てくださって、セクシーサンキュー!」と中島風に挨拶すると、彼は「わーお!」と驚いてみせた。この日岸は舞台「JOHNNYS' King & Prince IsLAND」があるため、イベントには遅れて登場。彼を除いたキャスト5人はデートコーデを披露し、「ニセコイ」にちなんで「現実ではできなさそうだけど妄想が膨らむ“ニセ”デート」のプランを発表した。スーツを着用した中島は「近い距離で2人の時間を過ごしたいからクリスマスツリーの飾り付けデートをしたい。最後、(上に飾る)星がなくて『やべえ買い忘れちゃったな』というところで、『違う星用意してきたんだ』って……」と持参したケースから星のネックレスを取り出して見せる。そして「この星を君に飾り付けしていいかな。君の人生を飾り付けしたいな」と客席を見つめてささやき、ざわつく客席に向かって「笑ってるやつ、1対1になったら本気で惚れると思うぜ」と言い放った。DAIGOは「僕は既婚者ですから……わかりやすくいうと“OSN”ですかね」とマイペースに述べ、「奥さんとスマホを落とさずに『ニセコイ』を観る。実現度が高そう」とその意味を解説した。

その後岸が「遅れました!」と元気よく登場すると、中島は彼の華やかな「JOHNNYS' King & Prince IsLAND」の衣装を見て「お前イルミネーションより光ってるよ!」と突っ込んだ。中島に言いたいことがあるという岸は「健人くんが女性の皆さんとお風呂に入ってたシーン、ずるくないっすか? 俺だって入りたかったっすよ!」と中島に詰め寄る。中島が「目のやり場に困ったし、緊張した」と打ち明けると、中条は「あの日全然しゃべんなかった。演技の話をしてたときに明後日くらいの方向を見てた」と撮影の様子を暴露した。DAIGOは「緊張してたって聞くと、ケンティーはビジネスセクシーなんじゃないかと思っちゃうんだけど」と首をかしげるが、岸は「2人でご飯に行ったら健人くんが店員さんに『セクシーサンキュー!』って言ってましたよ。セクシーが染み付いてるセクシーなんすよ!」と中島を擁護。岸は「僕も“セキシー”欲しいっす! いつか(女性たちと)湯に浸かる役をもらえたときに『セキシー!』って言いますよ。“セキシー”の誕生です!」と興奮気味に話し、中島に「お前、舞台の間に来ただけあってあったまってんな。このまま飛べそうだな」と言われていた。

イベントの終盤には、楽の幼少期を演じた大江優成がサンタの格好で登場し、原作者・古味がキャストそれぞれに描き下ろしたイラストとメッセージ入りの色紙をプレゼント。最後に中島は「平成最後のクリスマスは二度と来ないです。後悔のないように幸せと楽しい気持ちでいっぱいのこの映画を、この冬たくさん愛して」と映画をアピールした。

アプリで読む