Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

東京二期会オペラ劇場 ハンブルク州立歌劇場との共同制作公演「サロメ(新制作)」より。(写真提供:公益財団法人東京二期会、撮影:三枝近志)

東京二期会×ハンブルク州立歌劇場が共同制作「サロメ」本日開幕

ナタリー

19/6/5(水) 20:48

東京二期会「サロメ」が、本日6月5日に東京・東京文化会館 大ホールで開幕した。

“悪魔的ヒロイン“の姿を描く「サロメ」は、原作をオスカー・ワイルド、作曲をリヒャルト・シュトラウスが手がけたオペラ。魅力的な少女サロメは、義父ヘロデ王の誘いをはねつけて預言者ヨカナーンに求愛する。ヨナカーンに拒まれたサロメは彼の首を求め……。東京二期会とドイツ・ハンブルク州立歌劇場の共同制作となる今回の公演では、指揮をセバスティアン・ヴァイグレ、演出をヴィリー・デッカーが担当する。

上演時間は休憩なしの約1時間40分。公演は6月9日まで。

ヴィリー・デッカー コメント

サロメは非常に退廃的な環境にあって、純粋で悪のない女性です。しかし周りからは放置されて、愛情を感じたことがありません。
そこに、ヨカナーンが現れます。他の人とは違う神聖さがあったのです。サロメの愛情への憧れは全てヨカナーンに注がれることになります。彼こそが救いを求めることのできる唯一の存在であると。
処刑されたヨカナーンの首にキスをする事で、サロメは全ての希望と絶望を満たす。そうして、現実的な次元を超えて、精神的な次元の結びつきを達成するのです。この瞬間、このオペラのテーマである愛と死の結合があらわれるのです。

東京二期会オペラ劇場 ハンブルク州立歌劇場との共同制作公演「サロメ(新制作)」

2019年6月5日(水)~9日(日)
東京都 東京文化会館 大ホール

原作:オスカー・ワイルド
ドイツ語台本:ヘドヴィッヒ・ラッハマン
作曲:リヒャルト・シュトラウス
指揮:セバスティアン・ヴァイグレ
演出:ヴィリー・デッカー

アプリで読む