Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

海外映画取材といえばこの人! 渡辺麻紀が見た聞いた! ハリウッド アノ人のホントの顔

ロバート・ダウニーJr.

連載

第5回

19/4/23(火)

4月15日に韓国で開催された『アベンジャーズ/エンドゲーム』ファンイベントで、ホーク・アイ役のジェレミー・レナーやキャプテン・マーベル役のブリー・ラーソンらと

─── 4月26日から、ついに『アベンジャーズ/エンドゲーム』が公開されます。『アベンジャーズ』シリーズの最終章であり、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェイズ3の最後のエピソードでもあります。そこで今回は、世界中が注目するこの作品のメインキャラクターのひとり、アイアンマン/トニー・スタークを演じているロバート・ダウニーJr.です。彼は、この役を手にして再浮上したという印象ですよね?

昔から演技力は折り紙つきで、チャールズ・チャップリンを演じた『チャーリー』(92)ではアカデミー主演男優賞にノミネートされていました。ただ、その後から徐々におかしくなっていって、96年に初めてドラッグの不法所持で逮捕されました。

古い話ですが私、その『チャーリー』で来日したときにインタビューしているんですが、終始、ふざけた感じで、サインを頼んだら「結婚して!」って書いてた。意味不明ですよ(笑)。ドラッグの問題を抱えていることを後で聞き、もしかしてラリってたのかなあ、なんて思ったくらいです。

次に会ったのは、ぐーっと飛んで『アイアンマン』です。このときは、テーブルの上にズラリとサプリメントのボトルを並べインタビューを始めたので驚かされました。サプリメントの粒をひとつずつ取り出して、特別そうな水で飲んでいくの。この人、相変わらずヘンだなーって(笑)。

2008年に『アイアンマン』で15年ぶりに来日。このとき不運にも食あたりにあってしまったのは有名なエピソード。

─── まさかラリってませんよね?

いやいや、ちょうどその時期はドラッグから立ち直っていて、仕事に対して意欲的だったんじゃないでしょうか。だから『アイアンマン』のオーディションにも臨み、見事に役を勝ち取った。「キアヌ(・リーブス)には『マトリックス』シリーズ、ジョニー(・デップ)には『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズと、同世代の役者にはそれぞれ、大ヒットフランチャイズがある。オレ以外はみんな持っているんだよ」と言ってました。

噂によると、マーベル側は彼のドラッグ問題を重要視して大反対したようですけど、監督のジョン・ファブローがダウニーJr.を猛プッシュしたらしい。

─── じゃあファブローのおかげで今のダウニーJr.があるわけですね。

そうだと思います。だから、あなたのヒーローは誰ですかという質問に「『アイアンマン』に関しては、間違いなくジョン・ファブローだ。彼はオレが演じられると信じてくれて、ずっと擁護してくれた」と語っていました。

アプリで読む