Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「武蔵-むさし-」ティザービジュアル

細田善彦や松平健が出演、“本物の武蔵”描く時代劇「武蔵-むさし-」2019年公開

ナタリー

18/8/30(木) 8:00

「蠢動-しゅんどう-」の三上康雄が監督を務める「武蔵-むさし-」が、2019年初夏に全国公開される。

本作は、“宮本武蔵”の名で知られる剣豪・武蔵の歩みを史実をもとに描き出す時代劇。若き武蔵と老境に達した佐々木小次郎の巌流島での決闘をクライマックスに据えつつ、吉岡一門、宍戸梅軒、奥蔵院道栄との戦い、そしてそれぞれが掲げる正義の形が捉えられる。12人が登場する群像劇として、武蔵役の細田善彦、小次郎役の松平健に加え、目黒祐樹、水野真紀、若林豪、中原丈雄、清水紘治、原田龍二、遠藤久美子、武智健二、半田健人、木之元亮が主演を務めた。

この公開決定にあたり、三上からコメントが到着。「史実を事細かく調べると歴史のうねりという一本の太い線となり、武道を探求すると武蔵の勝因が理解できました」「過去、誰もが描かなかった『本物の武蔵』の映画に挑みます」と話している。

「武蔵-むさし-」は東京・有楽町スバル座ほか全国でロードショー。

※清水紘治の紘はいとへんに宏が正式表記

三上康雄 コメント

複雑化する群像劇を、日本映画界に欠かせぬ俳優陣、時代劇映画に精通したスタッフ、オールロケのリアルな映像、武道をベースにした迫力の殺陣シーン、オリジナルの刀の製作等、とことん本物にこだわり、徹底して描きました。史実を事細かく調べると歴史のうねりという一本の太い線となり、武道を探求すると武蔵の勝因が理解できました。本作では、歴史のうねりを縦軸に、武蔵の正義、吉岡一門の正義、小次郎の正義、細川家の正義、公儀の正義の激突を横軸に、過去、誰もが描かなかった「本物の武蔵」の映画に挑みます。

(c)2019 株式会社 三上康雄事務所

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play