Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

盲目のエマとプレイボーイがワークショップで出会う 『エマの瞳』予告編&場面写真

リアルサウンド

18/12/27(木) 15:00

 『ベニスで恋して』のシルヴィオ・ソルディーニ監督最新作『エマの瞳』の公開日が2019年3月23日に決まり、予告編と場面写真が公開された。

参考:『君の名前で僕を呼んで』が綴る“楽園にいた記憶” 同性愛をテーマにした『モーリス』との違い

 本作は、イタリア・ローマを舞台に、盲目のエマと広告マンでプレイボーイのテオが出逢い、傷つけ合いながらも変化していく、大人の恋の行方を描くラブストーリー。エマを演じたのは、ヴェネチア国際映画祭で2度の主演女優賞に輝いたイタリアを代表する演技派女優、ヴァレリア・ゴリノ。名優ジャンフランコ・ジャンニーニの息子、アドリアーノ・ジャンニーニがテオを演じた。主人公のエマは、ソルディーニ監督が前作のチェロ弾きの学生や企業家、彫刻家などさまざまな分野で生きる、目の見えない人々の姿を追ったドキュメンタリー『多様な目』で出会った、盲目でありながらも毅然と生きる人々に触発されて作り上げたキャラクターとなっている。

 公開された予告編は、ダイアログ・イン・ザ・ダークと呼ばれる暗闇の空間で、視覚以外の感覚を使って体感するワークショップから始まる。ダイアログ・イン・ザ・ダークとは、日常生活のさまざまな事柄を、暗闇の空間で、聴覚や触覚など視覚以外の感覚を使って体験するエンターテインメント形式のワークショップ。これまで世界41カ国以上で開催され、800万人を超える人々が体験。日本でも20万人以上が体験している。

 盲目のエマと、プレイボーイのテオが出逢い、互いが求め合いながらもテオがエマを傷つけたことから物語は進んでいき、この後の2人の恋の行方が気になる予告に仕上がっている。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える