Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

野村萬・梅若実・浅見真州、フランス芸術文化勲章を受章

ナタリー

19/2/12(火) 11:55

和泉流狂言方の野村萬が芸術文化勲章オフィシエを、観世流シテ方の梅若実と浅見真州が芸術文化勲章シュヴァリエをそれぞれ受章した。

3人は、2月6日から10日にかけてフランス・パリのシテ・ド・ラ・ミュージックで上演された「ジャポニスム2018:響きあう魂」の公式企画「能楽」に出演。千秋楽を迎えた10日には、同会場で芸術文化勲章叙勲式が行われた。

受章に際し、野村萬は「身に余る勲章をいただき、感激で言葉もない。来年は90才になるが、今後も一生懸命積み重ね続けていくことを誓ってご挨拶とする」と述べ、梅若実は「この芸術文化勲章の存在は以前より知っており、受章の知らせを受けたときは本当に嬉しかった」「今後も頑張って能の普及に努めたい」とコメント。浅見真州は「今回『シテ・ド・ラ能楽堂』ともいうべき立派な舞台ができたのは60年にも及ぶ先輩方の積み重ねによるもの。諸先輩の歩いてきた道を粗末にはできない。その意味においては、能の振興の第一歩であり、今後もより良い舞台を見せるための励みとしたい」と語った。

1957年に創設された芸術文化勲章は、日本におけるフランス文化の紹介者、普及の実務者や支援者に贈られる賞。芸術文化勲章にはコマンドゥール、オフィシエ、シュヴァリエの3段階があり、過去には川端康成、坂本龍一、松本零士らが受章している。

アプリで読む