Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

北村匠海

北村匠海の初ソロ写真集が発売、奄美大島ロケのメイキング収めたDVDも付属

ナタリー

19/6/7(金) 8:00

北村匠海(DISH//)のファーストソロ写真集が9月26日に発売される。

「君の膵臓をたべたい」で第41回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞し、「十二人の死にたい子どもたち」「君は月夜に光り輝く」への出演でも知られる北村。写真集は、2017年3月に「週刊ザテレビジョン」で始まり100回を超えた連載「take me, take you」の未公開カットや、北村が「一度行って、楽しい思い出しかなかった」と話す鹿児島・奄美大島での撮り下ろし写真で構成されている。連載時や奄美大島での撮影メイキングを収録した約80分のDVDも付属。19歳から21歳までの北村の姿が写真と映像両方で収められた1冊となった。

北村が「滝やさとうきび畑の一本道など、奄美大島の大自然とともに、いろいろな自分が詰め込まれています」と紹介する写真集は、176ページで税込3564円。撮影は諸井純二が担当した。発売記念イベントは9月28日に東京、29日に大阪で開催。詳細は写真集公式TwitterやInstagramのアカウントなどで後日発表される。

なお「十二人の死にたい子どもたち」のソフトは7月24日に発売され、9月20日には声優を務めた「HELLO WORLD」、11月には「影踏み」が劇場公開。2020年には出演作「さくら」「思い、思われ、ふり、ふられ」の公開を控えている。

北村匠海 コメント

もう一度行きたいと思っていた奄美大島での撮影でしたが、いつもの連載撮影の感じで、いい意味でリラックスしながら楽しく撮影できました。
滝やさとうきび畑の一本道など、奄美大島の大自然とともに、いろいろな自分が詰め込まれています。
映画やドラマにはない表情もたくさんあるので、普段どういうイメージで僕を見てくれているのか、写真集を手にとってくださる皆さんに聞いてみたいです。
ぜひ楽しみにしていてください。

アプリで読む