Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「止められるか、俺たちを」

井浦新と井上淳一が登壇、明日キネカ大森で「止められるか、俺たちを」舞台挨拶

ナタリー

19/4/11(木) 17:08

白石和彌監督作「止められるか、俺たちを」の舞台挨拶が、明日4月12日に東京・キネカ大森で開催。キャストの井浦新、脚本を担当した井上淳一が登壇する。

本作は、故・若松孝二が設立した若松プロダクション(以下、若松プロ)の再始動1作目として製作された青春映画。1969年に若松プロの門をたたいた助監督・吉積めぐみの目を通して、若松とともに“ここではないどこか”を探し続けた映画人たちの姿が描かれる。若松を演じた井浦のほか、門脇麦、山本浩司、岡部尚、大西信満、タモト清嵐、毎熊克哉、伊島空、外山将平、藤原季節、上川周作らが出演した。

「止められるか、俺たちを」はキネカ大森で明日4月12日より18日にかけて、李相日の監督作「69 sixty nine」と2本立てで上映される。

「止められるか、俺たちを」舞台挨拶

2019年4月12日(金)東京都 キネカ大森
19:05の回上映後
料金(税込):一般 1300円 / シニア 1100円 / 高校生、大学生、専門学校生、キネカード会員 1000円
<登壇者(予定)>
井浦新 / 井上淳一

(c)2018若松プロダクション

アプリで読む