Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

宮川一朗太、浅香航大が『集団左遷!!』の第5話に登場 三遊亭小遊三も再び

リアルサウンド

19/5/17(金) 8:00

 宮川一朗太、浅香航大、三遊亭小遊三が、5月19日の放送のTBS系日曜ドラマ『集団左遷!!』第5話に出演することが決定した。

【写真】ゲストの浅香航大

 本作は、50歳を目前にして廃店が決まっている銀行支店の支店長となった片岡洋(福山雅治)と、リストラ寸前の銀行員たちが協力して大逆転に挑む、サラリーマンの悲哀と笑いが巻き起こす下克上を描いたストーリー。“銀行”という巨大組織を相手に、決して強くはないごく普通のサラリーマンが、リストラ候補の仲間たちと力を合わせて、組織の理不尽さに対し果敢に立ち向かっていく姿を描いていく。主演の福山雅治をはじめ、香川照之、神木隆之介、中村アン、井之脇海、市村正親、三上博史らが出演している。

 宮川が演じるのは、貸しビル業を営む太田ビルディング副社長・太田幸司。太田と出会ったことで、三嶋(赤井英和)は自社ビルを持つ夢に大きく前進するが、太田の決断が蒲田支店の命運を大きく左右することに。日曜劇場初出演の浅香は、蒲田支店のある行員と重要な接点を持ち、それがきっかけでとんでもない事件に発展する謎の人物・マコトを演じる。また、第2話に出演し、福山雅治との初共演で話題を集めた三遊亭が再び登場する。

 第5話では、「集団左遷」「廃店候補」と書かれた週刊誌の記事が逆に追い風となり、蒲田支店はたくさんの客で賑わう。三嶋から打診されていた20億円の融資が成立すれば、ノルマの残りはあとわずか。しかし、融資が決まりそうだった顧客たちが相次いで羽田支店に乗り換えるという事態が発生し、嫌な予感がした片岡(福山雅治)が三嶋の元を訪ねると、そこには支店統括部部長の宿利(酒向芳)と羽田支店の鷹谷支店長(桜井聖)がいた。

■宮川一朗太 コメント
日曜劇場への出演は『半沢直樹』(2013年)ぶりだったので、「ただいま!」って気持ちでした(笑)。一方で衣裳はダブルのスーツでしたから、身の引き締まる思いもありました。福山さんとは、以前からご一緒できる日を待ち望んでいました。素敵な役者さんなので、撮影はとても楽しく、幸せなひとときでした。願わくば…もっとガッツリ絡みたかったなぁ(笑)。太田は不思議な男ですが…『集団左遷!!』の世界を壊さず、少しでも皆さんの心に残れば幸いです!

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む