Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『家売るオンナの逆襲』北川景子は“最強のツンデレ”!? 物語は松田翔太との最終対決に

リアルサウンド

19/2/28(木) 12:00

 『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)は、三軒家万智(北川景子)と屋代課長(仲村トオル)、留守堂(松田翔太)と足立(千葉雄大)……それぞれすれ違う関係に悩んでいた。その一方、庭野(工藤阿須加)も、万智からの「卒業」を考えていた。

参考:『家売るオンナの逆襲』も好調 “生身の女”ではない、“ロボット型ヒロイン”の時代は続く!?

 今回、テーコー不動産に訪れたのはそんな庭野(工藤阿須加)の父・茂雄(泉谷しげる)。茂雄は、亡くなった妻が残した実家を売ったお金でタコ焼き屋を開いて一発当てようとしていたのだ。反対する庭野だが、”家売るオンナ”万智が現れ、いつも通り家を売ると宣言。さらに家の売却相手はあの留守堂で、当初庭野は困惑を隠せなかった。

 そんな庭野が担当している客・棟方母娘の境遇も庭野に近い。夢見がちな母・幸子(南野陽子)はケーキ教室兼ケーキ屋を開くための資金に夫の残した家を売りたいと話すが、家の共同名義主である堅実な娘のすみれ(大後寿々花)は家を売ることに反対している。

 そんな2件の家を売ろうとする万智の真意は、親と子の関係をあえて切り離し、互いに自立することで、健全な関係を作ることだった。そんな万智の姿を見て、足立も留守堂との関係にケリをつけて家売る「足立王子」としての姿を取り戻す。庭野も、すみれの姿に自らを重ね、自身の父親への思いを吐露する形で熱弁し、家の売却に成功。期せずして万智からの「卒業」を果たすのだった。

 今回も一件落着……と思いきや、白洲美加(イモトアヤコ)が、バイト先のスーパーの店長・楓(真飛聖)が屋代をホテルに誘おうとする場面をおさえた写真を万智に“浮気の証拠”として見せる。実際には「愛する人がいるので!」と必死に断って逃げ出した屋代なのだが、いつも通り無表情をキープする万智も「夫の秘密、やばたにえん。マジ卍」と動揺の様子。

 屋代に問い詰める万智は、モテる女・楓の“顔マネ”として上目遣いで目をパチクリさせるなど今まで見せたことのない表情を披露。さらに夫婦としてそれぞれの思いをぶつけ合い、互いの愛を確認すると「私が愛しているのは(屋代)課長だけです」「手を繋ぎたいです」と可愛らしい一面を見せる。

 北川演じる万智は、普段は表情や思っていることを顔に出さず、ロボットのようにクールな”家売るオンナ”。屋代だけに見せた意外な一面とそのギャップにSNSでも視聴者から「可愛すぎる!!」「最強のツンデレ」と絶賛の声が相次いだ。

 次回予告編では手を繋いで帰る屋代と万智を目撃した留守堂が「三軒屋万智、許さない……」と口にする場面も。ドラマも終盤に差し掛かり、万智と留守堂の最終対決に期待がかかる。 (文=島田怜於)