Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ギャングース」新場面写真

「ギャングース」MIYAVIがパジャマにバスローブ羽織った場面カット到着

ナタリー

18/9/13(木) 20:00

高杉真宙、加藤諒、渡辺大知(黒猫チェルシー)が共演する「ギャングース」より、MIYAVI演じるキャラクターを捉えた場面カットが公開された。

肥谷圭介と鈴木大介による同名マンガを入江悠が実写化した本作。少年院でともに過ごした青年3人が、犯罪集団だけを狙って窃盗を繰り返す“タタキ”稼業を行いながら、裏社会で生きていくさまが描かれる。高杉が情報収集と作戦立案を担当するサイケ、加藤が工具全般担当のカズキ、渡辺が車両担当のタケオを演じた。

MIYAVIが演じるのは、サイケらと対立する犯罪組織・六龍天のトップ、安達。公開された写真には、ストライプのパジャマと赤いバスローブというリラックスした服装で、不穏な表情を浮かべる安達が捉えられている。MIYAVIは安達を「その生い立ちからすごくひずんでいて、ねじれたキャラクター」と解説。「生きるためなら何だってする。そしてそれが正義になってしまっている現状で、本当に何が大事なものか、何を信じるべきか、何のために生きるのか、主人公の3人の生き方が、がむしゃらに不器用ですが、教えてくれたような気がします」と語っている。入江はMIYAVIを「ちゃんと安達としてそこにいて、カメラが回っているときに真剣勝負するんだっていうMIYAVIさんの姿勢は、いろんな俳優に見習ってほしいなと思ったくらいです」と称賛した。

「ギャングース」は11月23日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

※「ギャングース」はR15+指定作品

MIYAVI コメント

安達は、その生い立ちからすごくひずんでいて、ねじれたキャラクターです。生きるためなら何だってする。そしてそれが正義になってしまっている現状で、本当に何が大事なものか、何を信じるべきか、何のために生きるのか、主人公の3人の生き方が、がむしゃらに不器用ですが、教えてくれたような気がします。この作品を通じて、沢山の人たちに届けば幸いです。

入江悠 コメント

MIYAVIについて

ひとことでは言い表せないカリスマ性があるんです。「このひとは何を考えているかわからない」って思わせるようなところがありながら、同時にモノづくりに対するモチベーションの高さも感じさせる。ちゃんと安達としてそこにいて、カメラが回っているときに真剣勝負するんだっていうMIYAVIさんの姿勢は、いろんな俳優に見習ってほしいなと思ったくらいです。

(c)肥谷圭介・鈴木大介/講談社

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play