Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「タスクとリンコ」完成披露試写会の様子。

謎の唸り声上げつつ筋トレ…金子大地が「タスクとリンコ」共演者の暴露に照れ笑い

ナタリー

19/1/12(土) 17:36

YouTubeドラマ「タスクとリンコ」の完成披露試写会が本日1月12日に東京・秋葉原UDXシアターにて開催され、キャストの中村ゆりか、金子大地、柴田あやな、須藤蓮、青木柚、岡本至恩、石川夏海、濱津隆之、プロデューサーと監督を務めた木村真人、脚本を手がけた森永直人が出席した。

INDIEZが制作した本作は、入籍して間もない門代林子と門代佑が離婚に向けて踏み出すことから始まるラブストーリー。最初にマイクを握った中村は「YouTubeってすごく拡散されやすいし、皆さんの目に留まりやすいですよね。そういった機会に参加させていただいて光栄です」と心境を述べる。金子は「とことん流されやすい役。クズっぽい感じですがちょっと共感できるところもあって(笑)」と自身が演じた佑に言及し、須藤は本作を“社会派ドラマ”と表現して会場の笑いを誘いつつ「100回観てください! 電車でもお風呂でも」とドラマをアピールした。

中村が「皆さんは林子派ですか? 佑派ですか?」と本編を観終えたばかりの観客に問うと、“林子派”に多くの手が挙がる。それを見た金子は「そりゃそうですよね……」と残念そうに小声でつぶやいた。また、撮影時の裏話として「金子さんが謎の唸り声をあげながら、撮影現場にあったマシーンで筋トレしていた」と柴田から暴露された際には、金子は「ちょっと興奮しちゃいました」と照れ笑いを浮かべながら筋トレの様子を再現してみせた。

続いて、登壇者たちへ「初めてのデートはどこへ行きたい?」と質問が寄せられると、キャストたちの関心はなぜか濱津に集中。濱津は突然自身が注目されたことにうろたえながらも「生き物が好きなので、水族館ですかね。動物園でもいいです」とコメントし、女性陣から「かわいいー!」と声をかけられていた。

「タスクとリンコ」は1月14日よりYouTubeで公開。

アプリで読む