Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

CHAI(Photo by Ryota Mori)

SuperorganismのO-EAST公演にCHAI登場、アンコールで一緒にダンス

ナタリー

19/1/27(日) 19:19

1月22日に東京・TSUTAYA O-EASTでSuperorganismが来日公演を開催。このライブにCHAIがゲストアクトとして出演した。

昨年10月に行われた、Superorganismのイギリスツアーの各公演にも参加したCHAI。SuperorganismのTSUTAYA O-EASTでのライブは日本ツアーの追加公演として行われ、グループにとって唯一のゲスト参加回となった。

まずCHAIはグルーヴィなサウンドを展開した「ボーイズ・セコ・メン」、マナ(Vo, Key)、カナ(Vo, G, Key)、ユウキ(B, Cho)のキュートな振り付けが特徴的な「あのコはキティ」など、ライブではおなじみの楽曲群でオーディエンスを魅了。「YES!」というコールアンドレスポンスを挟んでの「N.E.O.」では数多くの観客が歓声を上げ、フロアの熱気は一気に高まった。「フライド」演奏後、ユナ(Dr, Cho)は「Superorganismのライブ、楽しみだよねー! ヤバいねー!」とおっとりとした口調で語りつつ、Superorganismと再び競演できた喜びを明かした。そして彼女たちはラストナンバーとして「フューチャー」を届け、フロアを十分に温めて出番を終えた。

続いてSuperorganismは、ラメ生地のカラフルなフードを着て登場。ダンサーとコーラスを務めるルビー、B、ソウルはトライアングルや球状のライトを手にしてステージを徘徊し、どこか怪しげなムードを生み出した。しばらくするとオロノ・ノグチ(Vo)も舞台に現れ、アンニュイな雰囲気あふれる「SPRORGNSM」でライブはスタートした。彼らは演奏中、ステージ後方にヴェイパーウェイヴ風にコラージュされた映像を投影。その映像に合わせ、演奏メンバーのエミリー(Key)、ハリー(G)、トゥーカン(Dr)は心地よさそうに踊っていた。そんな中オロノは「『オロノちゃん』って呼ばれるの、超嫌だ!」「一応19歳だから? ブッ殺すぞお前」と刺々しいMCを行いながらも、「Relax」では「(ルビーたちに合わせて)動いて!」「そうそう! いいね!」と観客たちを誘導する場面もあった。

そしてアンコールの「Something For Your M.I.N.D.」では、CHAIの4人もステージに登場。ルビーたちと並んでダンスを行い、Superorganismのパフォーマンスを盛り上げた。さらに演奏を終えたあとには各メンバーとうれしそうにハグし、ひさびさの競演を満喫していた。

Superorganism JAPAN TOUR 2019
2019年1月22日 TSUTAYA O-EAST セットリスト

CHAI

01. ボーイズ・セコ・メン
02. あのコはキティ
03. 自己紹介
04. N.E.O.
05. クールクールビジョン
06. フライド
07. フューチャー

Superorganism

01. SPRORGNSM
02. Night Time
03. It's All Good
04. Nai's March
05. Nobody Cares
06. Reflections On The Screen
07. The Prawn Song
08. Relax
09. Everybody Wants To Be Famous
<アンコール>
10. Something For Your M.I.N.D.