Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

乃木坂46 松村沙友理、吉本坂46のリリース記念ライブに感激 「みなさん最高でした!」

リアルサウンド

18/12/27(木) 10:20

 吉本坂46が12月26日、東京・池袋サンシャインシティ噴水広場にて同日発売のデビューシングル『泣かせてくれよ』の発売記念イベントを開催し、ライブとハイタッチ会が行われた。

 吉本坂46は、乃木坂46、欅坂46に続く第三の坂道シリーズとして、吉本興行の所属タレントで構成される秋元康プロデュースのアイドルユニット。同イベントには吉本坂46メンバーに加え、『吉本坂46が売れるまでの全記録』(テレビ東京系)のMCを務める東野幸治、乃木坂46の松村沙友理、古川洋平(クイズ作家)も応援に駆けつけ、ファンと共に彼らの門出を祝った。

 ライブでは、選抜メンバーによる表題曲「泣かせてくれよ」をはじめ、ダンス選抜ユニット・RED「君の唇を離さない」、ベテラン女性芸人4名がメインボーカルを務めるユニット・ビター&スイート「抱いてみるかい?」、そしてたかし(トレンディエンジェル)、松浦志穂(スパイク)、 マサルコによるユニット・POP MONSTER「やっとここまで」が披露された。

 ミニライブ後、松村は「デビューのイベントだと思うんですけど、もうみなさん最高でした!」と温かい言葉を贈った。『泣かせてくれよ』がオリコンのシングルデイリーランキングで2位を獲得。東野がそのことに触れると、キャプテンの河本準一(次長課長)は「最高の滑り出しができて、全てみなさんのおかげでございます」と感謝を述べる。しかし、この企画が決まった際に河本がSNSで炎上したことを東野に突っ込まれると「1人で暴発して、大炎上を起こしました」と笑いを誘った。

 休養から復帰を果たしたばかりのよしこ(ガンバレルーヤ)がマイクを持つと客席から「お帰りー」の大歓声が上がる中、「休養期間中にお肌のブツブツが綺麗になって、ちょっと痩せてみなさん誰だが分からないと思いますが」とコメント。メンバーから「一発でわかる」という突っ込みの声があがるも、「小雪さんじゃありませんよ」という定番のギャグで元気な姿を見せた。

 REDに所属する最年少の藤井菜央は、「こんなにたくさんの方の前でパフォーマンスができて、本当に幸せでした」と初々しい姿を見せた。その一方、大阪から来た吉本新喜劇の女王・島田珠代は「普段お笑いの劇場しか出ていないので、これでまた違う層のファンが増えればいいなと思っています」と、ベテランらしく真面目に感謝の気持ちを述べる。若手と超ベテランが同じ方向を向いているのも吉本坂46ならではの光景と言えるだろう。

 河本は「吉本坂46というのは、坂道シリーズの中でもまた違う、個性豊かな集団です。ほかの芸人が嫉妬するようなアイドルが本日生まれました」と力強く宣言。記者からの質問で、ランキングの2位という順位に関して斎藤は「まだ上があるという喜びを与えてくれた神様に感謝します」と感想を述べた。最後は、同日の即売会でREDの榊原徹士のCDが売り切れたという報告があり、榊原が「昨年、”宇宙戦隊キュウレンジャー”というものをやっておりましたので、イタリア語でありがとうを伝えたいと思います。グラッチェ!」と感謝を述べた。

(取材・文=本 手)