Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

森崎ウィン、AUN Jクラシック・オーケストラとのコラボライブで発揮した歌声の魅力

リアルサウンド

19/5/9(木) 18:00

 ダンス&ボーカルユニットPRIZMAXのボーカルで俳優としても活躍する森崎ウィンが、和楽器ユニットのAUN J(アウンジェイ)クラシック・オーケストラとのコラボライブ『響 The Sounds of Japan Tour 2019』を5月4日、浅草花劇場にて開催した。

 AUN Jクラシック・オーケストラは、和太鼓、箏、尺八、篠笛、三味線、鳴り物といった、通常は一緒に演奏されることのない和楽器のプレイヤー陣による画期的なユニット。各メンバーが国内外のアーティストの作品やライブを含め多方面で活躍しており、ユニットとしても世界初となるモン・サン=ミシェル(フランス)など世界遺産でのコンサートを行ったり、アニメ楽曲やジブリ楽曲のカバーアルバムをリリースするなど、ユニークな活動で知られている。

 森崎とAUN Jとのコラボは、PRIZMAXが例年出演しているミャンマーでのフェス『ジャパンミャンマープエドー』に、同ユニットのメンバーも出演していた縁で実現。今回のライブは同ユニットと、森崎のほか石井竜也(米米CLUB)、大黒摩季、タケカワユキヒデ(ゴダイゴ)、渡辺美里といったアーティストたちとのコラボ楽曲を詰め込んだアルバム『響(ひびき)〜THE SOUNDS OF JAPAN〜』のリリースを記念したツアーの一環として行われた。

 この日の第一部は、まずAUN Jのメンバーのみの「From The Far East」からスタート。尺八の石垣征山が「和楽器の音色の奥深さを楽しんでほしい」とMCでコメントしていた通り、ポップスやロックのフィーリングも駆使しながらときに雅に、ときにアグレッシブにとメリハリをつけて巧みに会場を盛り上げていった。

 森崎はメンバーとおそろいの西陣織の生地を使ったジャケットに身を包み、アッパーな「万殊の灯りに想いを馳せて」のエンディングでステージに登場。三本締めで軽快に同曲を締めくくると、メンバーと軽妙なトークを繰り広げながら、観客にハンドクラップをうながした。続くイントロで“待ってました!”とばかりに会場のホリック(PRIZMAXファンの愛称)が盛り上がるなか、「カフェオレ」(2017年のシングル『Orange Moon』に収録)がスタート。コンポーザーとしても定評のある森崎が作詞作曲を手がけた、海外のファンにもよく知られているPRIZMAXのポップなサマーソングだ。

 篠笛などの優しいメロディがリードしていく演奏に合わせ、通常のアレンジよりも繊細かつソフトな歌いまわしで恋のときめきを表現した森崎。メンバーが演奏しながら一緒にステップを踏んだりするステージングからも、双方がコラボを目いっぱいに楽しんでいる様子が伝わってきた。グループのライブとはかなり勝手が違うこの場でも、固定の観客をロックオンしながら歌ったりと、森崎らしいステージ運びで会場を盛り上げていった。

 「やっべー、楽しい! やっぱ生音っていいですね!」と満面の笑みで語った森崎。確かにPRIZMAXの過去のライブを振り返っても、生バンドを従えて行った2015年の自身の生誕祭などを除けば、こういったライブはかなりレアといえる。鳴り物担当・HIDEの「ウィンくん、リハからテンションMAXだったもんね?」といったコメントも交えながら、ここでステージにはアコギが登場。「楽器のプロの前で楽器を弾くという……」と恐縮しつつも、十七弦(※低音域まで鳴らせる箏)、箏、篠笛、太鼓とのセッションで「ただいま」へ。

森崎ウィン from PRIZMAX「ただいま」MUSIC VIDEO

 森崎ウィン from PRIZMAX名義で発表した同曲については「3年前に(映画『レディ・プレイヤー1』の)撮影で長く日本を離れていて。帰国したときに僕を待っていてくれた温かいファンの方々のために書き下ろしました」と紹介。〈おかえりって微笑むから僕はまた泣きそうになるよ ここが僕の帰るところ〉といったワードをはじめ、当時のグループの仲間たちとのやり取りを思わせる歌詞も泣かせる同曲。もともと温かみのある森崎の歌声が映える楽曲なのだが、素朴な篠笛の音色や太鼓のリズムをフィーチャーしたアレンジがより郷愁を誘い、どこか土の匂いも感じさせるスケールの広がり方が興味深かった。森崎自身も「デモを聴いて、『Oh!God!』と感激しました」と、このアレンジがかなりお気に入りとのこと。

 AUN Jのメンバーによる「打上花火」(DAOKO×米津玄師)のカバーや、大迫力の太鼓ソロなどを挟み、本編のラストで再び森崎が登場。ここで改めて同ユニットとJ-POPを中心としたアーティストたちとの前代未聞のコラボアルバムについて、太棹三味線、篠笛を担当している井上公平が説明。森崎は「参加アーティストが大御所の方ばかりで」と恐縮していたが、井上は「コラボ曲の『Don’t Cry』(※同日より先行配信中)はアジアのアーティストと共作した楽曲で、これを歌ってもらうならウィンくんしかいないと思った」と、抜擢の理由を語っていた。歌詞は森崎自身が書き下ろしているが「“アジアを1つに”をテーマにした楽曲ですけど、世界平和とか大きなテーマを書ける器でもないですし、ギリギリまで悩みに悩んで。その頃にカンボジアの少年のドキュメンタリー番組を見て、その子にこのメッセージが届けばいいなと思って書きました」(森崎)とのこと。同曲ではスケール感のある演奏にのせ、〈僕らにできること 探し続けるから〉 と真摯なまなざしで歌い上げていた。こういったウェットなニュアンスを持つバラードでの、森崎独特のビブラートのかかった歌声は絶品の一言だ。

 アンコールではメンバーとハイタッチしながら登場した森崎。ここでは先述のAUN Jのコラボアルバムで渡辺美里がカバーしている唱歌「故郷(ふるさと)」を、特別に彼が歌うことに。「名曲だけに簡単に歌えるものではないですね」と語っていたが、レギュラー番組『E★K radio』(FM yokohama)でのアカペラカバーのコーナーでも時折童謡や唱歌を披露するなど、彼の音楽的ルーツの一つともいえるジャンルでもある。この日は誰もが知るこのメロディを、AUN Jのメンバーが要所要所で凄まじくエモーショナル、かつドラマティックに紡ぎ上げたアレンジで披露し、観客を圧倒。透明感のある歌声で丁寧に同曲を歌い上げた森崎にも、拍手が鳴り止まなかった。

 和楽器界が誇る精鋭プレイヤーたちとの贅沢なコラボを終えて、「生楽器でライブをずっとやりたくて。誘っていただいてありがとうございました!」と興奮気味に語っていた森崎。今年新体制に生まれ変わったPRIZMAXの楽曲では硬質なサウンドに合わせたアグレッシブな歌い回しがメインということもあり、彼の歌声の本質的な魅力を味わえる貴重な一日となった。今改めて、アーティスト・森崎ウィンの次なるステージを待ち遠しく感じている。

(文=古知屋ジュン)

AUN Jクラシック・オーケストラ オフィシャルサイト
PRIZMAX オフィシャルサイト