Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ロフト DE クリスマス 2018「いつだって今だもん~きのうとあしたのラブストーリー~」より。

「いつだって今だもん」開幕、小熊ヒデジ「是非、大切な方とご一緒に」

ナタリー

18/12/22(土) 15:18

ロフト DE クリスマス 2018「いつだって今だもん~きのうとあしたのラブストーリー~」が、昨日12月21日に開幕した。

ロフト DE クリスマスは、地域の観客が親子で舞台を楽しめるようにとナビロフトが低価格で作品を提供する、今年で3年目となる企画。今回は詩人・谷川俊太郎の戯曲を上演する。舞台は核戦争後、たった2人で暮らすマリとお母さんの世界と、そこから2000年離れたあくびばかりしている王子様の暮らす世界。あるとき王子様の耳に、マリの歌声が届いて……。

開幕に際し、プロデューサーで本作の演出を手がける小熊ヒデジは、「子どもから大人まで、深く心に染み入る物語です。是非、大切な方とご一緒にご覧いただきたいと思います」とコメントしている。

出演者にはタツノオトシドコロの樋口大輔、劇団「放電家族」の不動湧心と森山珠妃、わらしべ長者、くじら座なごやの利藤早紀、尾國裕子が名を連ねている。なお明日23日11:00開演回はクリスマスプレゼント交換会あり。公演は24日まで、愛知・ナビロフトにて。

小熊ヒデジ コメント

ロフトDEクリスマス「いつだって今だもん」開幕しました。上演時間70分、出演者6名によるとてもシンプルなお話ですが、軽やかな表情を装いながらも人の哀しさや愛おしさをえぐるように描き出す詩人・谷川俊太郎さんの言葉たちは、ご覧いただいたお客様にとても大きなクリスマスプレゼントを届けてくださいました。劇団B級遊撃隊旗揚げメンバーであるわらしべ長者が、約四半世紀振りに本格的俳優復帰したことが大きな話題の本公演ですが、地域演劇シーンの次代を担う若手俳優の活躍にも目覚しいものがあります。公演はクリスマスイブの12月24日(月・祝)まで。子どもから大人まで、深く心に染み入る物語です。是非、大切な方とご一緒にご覧いただきたいと思います。

ロフト DE クリスマス 2018「いつだって今だもん~きのうとあしたのラブストーリー~」

2018年12月21日(金)~24日(月・振)
愛知県 ナビロフト

作:谷川俊太郎
演出:小熊ヒデジ
出演:樋口大輔、不動湧心、わらしべ長者、利藤早紀、森山珠妃、尾國裕子