Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

OxTと考える、2人とアニソンを取り囲む“壁”の正体 「業界自体を一度リブートした方がいい」

リアルサウンド

18/8/21(火) 12:00

 2017年に大ヒットを記録し星野源や平井堅までもが絶賛した「ようこそジャパリパークへ」の作詞・作曲・編曲を担当したミュージシャン・オーイシマサヨシ。かたや、アニメ『けいおん!』で一大ムーブメントを巻き起こし、最近では会社を立ち上げたり自身もアーティストとして活動する気鋭のクリエイター・Tom-H@ck。この2人がユニットを組めば向かうところ敵なし! 天下は2人の手の中に!

 ……と思いきや、どうやらそうでもないらしい。話を聞くと、彼らの周りにはどことなく「壁」のようなものがある。

 彼らを取り囲む「壁」――。

 それは縮小していくエンタメ業界が背負った逃れられない宿命なのかもしれないし、現実的でビジネスな問題なのかもしれない。あるいは、アニメという文化に対する人々の偏見なのかもしれないし、またあるいはあらゆる境遇を重ねた事で到達したある種のさとりの境地なのかもしれない。単純に、誰もが経験する人生の浮き沈みの一つの通過点に過ぎないのかもしれない。いや、恐らくそのすべてなのだろう。

 しかし、彼らは今、その選んでいる姿勢に対して確固たる信念を持っている。そうすることこそがOxTというユニットにとってのベストの方法なのだという強い確信を持っている。当記事に描かれているのは、決して走り過ぎず、アクセルを踏み過ぎることのない、”新大陸”への彼らのゆるやかな旅のひとコマだ。(荻原梓)

「日本でもっとやることがある」(オーイシ)

ーー前回のインタビュー【OxTと考える、“遊び心がなくなった”アニソンの現状&オーイシが味わった“流行という混沌”】、かなり反響がありました。

オーイシ:見出しの発言、僕が言ってるみたいに見えてないですか?(笑)。

Tom-H@ck:大丈夫だよ、今回もこういう話をしていきたいよね。

オーイシ:そうか……最近Tomくんと話してて面白いなって思ったのは、「もう音楽で食べていけなくない?」っていう話だけど。

Tom-H@ck:補足すると、2人だけの話ではなくて、業界全体がみんなそう言ってるって話で。業界の友人とも話してたんですけど、これまでの音楽業界のなかでも、アニメ音楽はお金をちゃんと儲けられるシステムだったんですよ。例えば映像に音楽が使われると、大きいパーセンテージ配分が著作者に入ってきて。それだけでもお金が回る市場だったんですけど、最近はそもそもDVDやBlu-ray自体も売れなくなってきている。所詮フィジカルなので、CDと同じ道を辿っているんですよね。

 ただ、僕たちはそう言いながらも安堵しているところがあって。何故かというと、マンパワーでなんとかなってるんですよ。人ひとり食わせていくのは余裕なんです。だけど会社の人たち、メーカーの人たち、何十人とか何百人でひとつのプロジェクトを回すのは、音楽だけに関して言えばもう無理なんですよね。そういう話が現実化してきてて、でもそれを口に出して言わない人がほとんどだと思うんですよ。特にJ-POPは、フェスに出るようなバンドの中にも全然音楽で食えてない人もいるだろうけど、そんなカッコ悪いとこ見せたくないだろうから。でも、それをマンパワーで変えられる世の中ではないから、みんなでちゃんと声を上げて「この業界やばいね」って団結していった方がいいと思うんですよ。

オーイシ:一度リブートした方がいいとは思うよね。業界自体を見直すというか。僕はいろんな経緯があって18年間のキャリアを右往左往してて。事務所に食べさせていただいてた時代もあったり、レーベルさんに食べさせていただいてた時代もあったり、フリーランスになった時代もあったり。色んなところを渡り歩いてきたんですけど、そんな僕から言わせていただくと、無駄遣いがやっぱり多い。それと音楽を作ってる本人に行き渡るパーセンテージの低さ。クリエイターさんたちのやり甲斐がなくなってしまったら、どんどんみんな擦れていっちゃいますし。

 いま、僕は事務所には所属してるんですけど、どっちかって言うと事務所の人間を食べさせてると思えるくらいのパートナーシップを結んでいて。昔みたいに事務所に雇われてるとか、レーベルに雇われてるという気持ちはさらさら無くて。そういう作家さんなりアーティストさんなりが、これからどんどん増えていくのが今後の業界の流れなんじゃないかな。

Tom-H@ck:僕の周りでも、オーイシさんみたいな形で独立してアーティストを活動やった方が、上手くいってる人は多いんですよ。それはお金の面でも、クリエイティブな面でも、有名になれたとかって面でも。時代的には徐々にそうなっていくんじゃないのかな。勘違いして欲しくないのは、「一人が良い」と言っているのではないこと。メーカーさん、レーベルさん、アーティスト本人も含めて窮屈な古いやり方をずっと続けていくべきじゃないと。

オーイシ:そうやってアーティストがレーベルや事務所とWIN-WINの関係を築けるようになっていければいいですよね。

――その「業界が変わる」という話題に関連して、前回のインタビューの2人の言葉でとても印象に残っていることがありまして。それが、

「現状は、日本のアニメという文化を、日本人が自らの手で腐らせちゃってるという、物凄くもったいないことをしている。もっと自信満々にやっていいと思うんですよね」(Tom-H@ck)

「世界に誇れるアニメという文化を持っているのも日本なんだけど、自分から閉じ籠っていってしまうその感じ、それも言ってしまえばジャパニーズカルチャーなんだよね」(オーイシ)

――という……。

オーイシ:偉そうなこと言ってるなあ!

一同:(笑)。

――すごくいい言葉だなと思いまして(笑)。それでちょうど今年『けいおん!』関連楽曲がサブスクリプションサービスで解禁されたり、他の作品も続々と解禁になっていたり、アニソンが国内からだけでなく海外だったり、リアルタイム世代じゃない人たちからもアクセスしやすい状況になっていますよね。こうした「アニソンが世界に開かれて」いってる現在の流れをどのように見ていますか?

Tom-H@ck:実際海外へ行ってOxTやMYTH & ROIDでライブすると、自分たちのマニアックな曲まで海外の人が全部知ってるんですよ。それって凄いことじゃないですか。1,000人~1万人がひとつの会場に集まるわけですよ。日本で売れてなくても全世界の人を集めたら何万人って規模のマーケットになる。それは本当に良いことだと思う。ただ、最近思うのはやっぱり、その次を考えなくちゃいけないなって。

――その次?

Tom-H@ck:とはいえ「ニッチ」なんですよ、各国におけるアニソンって。まぁどの国でも所謂「サブカル」っていうものはそういう存在だってことで片付けられることでもあるんですが、「アニメ好きな人ってこういう人が多いよね」という固定観念が海外でもあって、それがどうしてもアニメカルチャーがメインストリームになれない「壁」になっていて。それをほぐしていきたいなって思うことがあるんです。そういった意味では、『けいおん!』みたいな作品が聴きやすい状況になるっていうのは、その作業のひとつなのかなとは思いますけど。

オーイシ:今の海外のライブやイベントの話で付け加えるなら、現状では経費を考えると意外と身入りが良くないんです。物販が売れなければ赤字で帰って来なくちゃいけないものもあったり。ただ、ファンはいるんですよ、めちゃくちゃ。僕たちのことを求めてくれてる方々の声はたくさん聞こえてくるんです。なので、すべてを包括してコーディネートしてくれる団体とかイベンターみたいなものがないと、結局今のままでは日本と海外を行ったり来たりしてもアーティスト側が息切れするだけと思いますよ。あと今の状況では、海外に行ってライブすることが日本向けのプロモーションで終わってしまってる感じがしていて。

――逆輸入的な。

オーイシ:そう。2パターンあるんですよ。ひとつは、本当に未来を見据えて世界で絶対に活躍しようと海外に打って出てるパターン。もうひとつは、レーベルとかプロダクションの建前でとりあえず行ってるパターン。

 実は僕、2018年はソロでの海外仕事を全部お断りしてるんです。ただ、OxTだけは楽しいから行ってるんですけど。ドメスティックに活動するクリエイターやアーティストも絶対に必要だと思うし、僕はそろそろ40歳に近いし、血気盛んに世界にチャレンジするみたいなのが薄いんです。もう少し足場を整えて、石橋叩きまくってから世界に飛び立ちたいなって思っていて。

Tom-H@ck:本当その通りだと思いますよ。

オーイシ:Tomくんは世界的にも通用する音楽を作ってたり、今回の『オーバーロードIII』のオープニングテーマもエンディングテーマもめちゃくちゃかっこいい。絶対に海外でも人気は出るんだろうなって思ってるんです。でも、単にJ-POPの延長で海外に行くようなのは僕はあまりオススメしないですね。やることを作るためにそれをやってるようなイメージがある。

Tom-H@ck:なんでもそうですよね。海外話だけじゃなくても、格好付けのためだけにやることって世の中多いじゃないですか。

オーイシ:より自主性を持って活動すべき、と言い換えられるかも。本気で本人が海外で活躍したいとか、海外で日の目を見たいという気持ちがあるならトライアルすべきですけど、雰囲気に流されるがままに行くぐらいだったら、日本でもっとやることがあるんじゃないかな、と思いますね。

「自分から気張りすぎてもダメだと思う」(オーイシ)

――ここ最近のアニソン業界には「アイコン」的存在が不在だと思っています。ひと頃だとそれは水樹奈々さんで、少し前ならラブライブのμ’sでした。ですが、個人的には今はそうした存在が思い付きません。ただOxTはそこにかなり近い位置にいて、そうした位置を狙える実績も実力も兼ね揃えていると思っているのですが、どうでしょう。

オーイシ:僕たちはアイコンにはならないですよ。なる気もない。昔、北九州のイベントで水木一郎さんと一緒に食事させていただいたことがあって、その時にアニソンに対する熱い思いを、僕みたいな若造にたくさんお話ししてくれたんですよ。水木のアニキ曰く「アニソンがB級品扱いされてた時代に俺は高々と『ゼェット!』って言い続けたんだ。今、その歴史がこんな風に繋がってるって思うと、俺のやってたことは無駄じゃないって思うんだよね」って。それ聞いて本当に半泣きになっちゃって。

Tom-H@ck:めちゃくちゃ格好良い……。

オーイシ:本当に格好良いなと思って。この人の立てた表彰台みたいな場所に、自分が立てるわけないなって。こんなJ-POP崩れのアーティストが……。

――いやいやいや(笑)。

オーイシ:もっとアニソンのみを志してる人ってたくさんいると思うんですよ。そういう純アニソンシンガーの人たちが、アニソン然としてアイコンになるべきだと思いますし。それが水木さんだったり、水樹奈々さんだったり、キャラソンであるμ’sだったと思うんですけど。

Tom-H@ck:でもそういうものって意図せずして登ってるものだから。

オーイシ:確かにね。でもTomくんもそうかもしれないし僕もそうなんだけど、有名人扱いされても頭の中クエスチョンマークだらけで。この前洋服屋さんでお会計してたら、店員さんが「毎朝元気もらってます」って言うんですよ。それで僕「あなた今クレジットカード見て名前確認したでしょ。顔だけだったら絶対わからなかったでしょ」って言って。

一同:(笑)

オーイシ:そういう小ボケも挟みつつ、気持ちだけは持って帰りましたけど。僕たちは自分から気張りすぎてもダメだと思うんですよ。

――そういえば前回、OxTというユニットは「2人の作家の遊び場とか、階段で言うところの踊り場みたいなところ」っておっしゃってましたよね。

オーイシ:お互いがお互いをコントロールしようとし過ぎると、このユニットって上手くいかなくなると思うんですよ。「Tomくんさ、もう少しOxTでこういう風に進めていきたいからTomくんもこうしてくれない?」って言い始めたら終わると思う。そういうストレスがないところがOxTの良さなんです。軒先で話す感じというか。その気持ち良い距離感での会話が僕にとっては大事なことだったりするんです。情報を持ち寄って交換し合ったり。これは結成当初からずっとTomくんと話してるんですけど、「長く続けていきたいよね」というのが第一で。寄り添う夫婦みたいに干渉し過ぎないのが大事で、その絶妙な距離の取り方がこのユニットのひとつのルールみたいになってる。

Tom-H@ck:そのルール自体が、お互い心地いいんでしょうね。

オーイシ:そうだね。

Tom-H@ck:人間ってみんなに言わない辛いことってあるじゃないですか。そういうことも2人でなんとなく共有して、なんとなく2人で歩んでいて。人間ってどんなに凄い人でもいつか落ちるから。それでまた這い上がって、という繰り返しなので。そういう人生観みたいなものを2人でステージに立って、間接的にみなさんに伝えてるユニットなのかもしれない。人間とはなんぞやっていう。意外と哲学的なユニットなのかも。

――本当に夫婦みたいですね。

オーイシ:確かに伴侶感はありますね。今度9月に発売する1stアルバム『Hello New World』のリード曲が、2人を海賊に見立てて新しい世界を探しに黄金航路に乗ろう、僕たちなりの航海をして新大陸へ見つけ出そうみたいな歌詞なんですけど、曲作ったときは1隻の船に2人が乗り込んでるイメージだったんです。でも、今話しながら思ったのは、それぞれが別々に乗った2隻で向かってる気がして(笑)。しかもお互いの航路がちょっと違うっていう。でも新大陸を発見するときは2人で一緒なのね。

Tom-H@ck:そうかもね(笑)。

「『飽き』を一新させる」(Tom-H@ck)

ーー新曲「Silent Solitude」(TVアニメ『オーバーロードⅢ』エンディングテーマ)はOxTにとって今までにない一曲ですよね。

Tom-H@ck:先方からバラードが欲しいということで、レンジの低い2000年代前半のLinkin Parkみたいな、ああいう感じのバラードを今っぽくできればいいな、という発想からスタートして曲を作らせてもらいました。

オーイシ:いつもはキーが高い曲が多かったりするので、大丈夫かなって思ったところもあったんですけど、声に色気とか、余裕がある感じが出て良かったなと。録ってもらったいつものエンジニアさんにも「ボーカルがセクシーで良いね」と言われて。そういう新しい発見ができたのも収穫でした。最初にTomくんからもらったデモの段階ではキーが3つくらい上だったんです。

Tom-H@ck:最近のアニソンにはないような、独特の雰囲気は出せたんじゃないかな。

――最近だと「オトモダチフィルム」(TVアニメ『多田くんは恋をしない』OPテーマ)のような明るいオーイシさんのイメージを持ってこの曲を聴くと、あまりにも違いすぎて(笑)。

オーイシ:最近よく言われるようになりましたね。これも歌ってたのか、とか、オバロもオーイシだったのか、みたいな。そう言ってくださるのは素直に嬉しいですよ。

――キーを下げたことで自分の新しい一面に気づけたんですね。

Tom-H@ck:曲作りだけに限らず、最近もう至ることに「飽き」が来てて。なんかもういいかなみたいな。なのでその「飽き」を一新させる意味でもキーを下げたっていう面はありますね。高音の歌って今まで死ぬほどやったし、それを『オーバーロード』3期でまたやるのは芸がないと思ってしまって。物事って舵を切るときに180度一気に切った方が上手くいったりするんですじゃないですか。ショック療法みたいに。

 それに、経験を積み重ねていくと人間って価値観が変わるじゃないですか。いま、まさしく自分がそうなっていて。「なんか最近業界面白くないな」って前の記事でも言いましたけど、今もし自分が23歳くらいだったら何も思ってないのかななんて最近考えたりしてますね。

オーイシ:いや、それはそれで何かしら牙は剥いてたと思うよ。Tomくん、反骨精神の塊みたいなものだし(笑)。

Tom-H@ck:昔と比べてやっぱりつまらなくなってるのかな。

オーイシ:間違いなく黄金期ではないと思う。というか、Tomくんは黄金期を作った張本人じゃない。

Tom-H@ck:何というか、今は正直、色々な物事に飽きがくるのが早いんですよ。こんなにワクワクしづらいなぁってことは、これまでなかったかもしれない。ワクワクを作っていく作業をまた一からやるべき時なのかも、と。新しいチャレンジを仕込んでいく時期というか。

オーイシ:なるほど。僕は結構、今の仕事を職業的に捉えているから、Tomくんのエンタメに対する大志みたいなのは実はあんまりないかも。

Tom-H@ck:確かにオーイシさんは仕事然としてるよね。

オーイシ:「使ってもらえるなら……」っていう。そういう下請け精神が強いんですよね。だから僕自身が世の中を変えるようなビッグバンみたいな存在にはなれないかな。

Tom-H@ck:結果はわからないけどね。周りがそう見てくれるかもしれない。

オーイシ:そうね。でも、そういう凄い才能、天才たちにたくさん打ちのめされてきた結果、自分は天才だとかアイコン的な存在にはなれないなって思いながら生きてきたんです。だから、「退屈だな」ではなくて「使ってくれてありがとうございます」っていう気持ちでお仕事させてもらってますけど、これがあと何周かしたら、「幸せってなんなんだろう」というようなことを思い始めるのかもしれない。でも、結局楽しさとか幸せって、誰かと味わうものだとは思うんですよ。

Tom-H@ck:たしかに。

オーイシ:ひとりで見出すものじゃなくて、釣りに行ける仲間とか、青臭いことを言い合える仲間とか、そういうものが一番必要だと思うんだよね。

Tom-H@ck:そうだね。

(取材・文=荻原梓/写真=稲垣謙一)

■リリース情報
シングル
『Silent Solitude』
¥1,296(税込)
8月8日(水)
<CD収録内容>
1.Silent Solitude(TVアニメーション「オーバーロードⅢ」オープニングテーマ)
2.Party Out!!
3.Silent Solitude instrumental
4.Party Out!! instrumental

1stアルバム
『Hello New World』
9月12日(水)
初回限定盤(CD+BD+封入特典:オリジナルステッカー):¥4,320(税込)
通常盤(CDのみ)¥3,240(税込)

<CD収録内容>
・Clattanoia(TVアニメ『オーバーロード』オープニングテーマ)
・Laughter Slaughter(劇場版総集編『オーバーロード 漆⿊の英雄』テーマソング)
・GO CRY GO(TVアニメ『オーバーロードⅡ』オープニングテーマ)
・One Hand Message(TVアニメ『ハンドシェイカー』オープニングテーマ)
・STRIDERʼS HIGH(TVアニメ『プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ』オープニングテーマ)
・君じゃなきゃダメみたい -OxT ver.- 
・Hello New World
その他、新曲多数収録

<Blu-ray>BD付き初回限定盤のみ
OxT Music Video Collection
1.Hello New World
2.STRIDER’S HIGH
3.Clattanoia
4.Laughter Slaughter
5.GO CRY GO
6.Hello New World(Making Video)
アルバム特設サイト

■イベント情報
OxTアルバム発売記念イベント
・アニメイト大阪日本橋店
9月28日(金) 開場18:30~/開演19:00~/終了20:00(予定)
内容:ミニライブ&サイン会

・タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
10月7日(日)開演12:00~
内容:ミニライブ&サイン会
集合場所:7Fエレベーター横階段(イベント開始30分前に要集合)

・アニメイト名古屋店<名古屋>第3太閤ビル
10月19日(金) 開場18:30~/開演19:00~/終了20:00(予定)
内容:ミニライブ&サイン会 

東名阪ツアー
10月17日(水)心斎橋Music Club JANUS OPEN18:30/START19:00
10月18日(木)名古屋JAMMIN‘ OPEN18:30/START19:00
10月25日(木)渋谷WWW X OPEN18:15/START19:00
チケット:前売¥4,500(税込、整理番号付、ドリンク代別)
チケット発売:
CLUB014 FC先行(抽選):受付期間8月9日(木)12:00〜8月15日(水)23:59
※詳細は大石昌良/オーイシマサヨシオフィシャルサイトにて
一般発売:9月15日(土)

■関連リンク
OxT 公式サイト
オーイシマサヨシTwitter
Tom-H@ck Twitter

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play