Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

(C)サイコパス製作委員会

『PSYCHO-PASS サイコパス』Case.2が満足度ランキング第1位!

ぴあ

19/2/18(月) 18:00

「ぴあ」調査による2019年2月15日、16日公開のぴあ映画初日満足度ランキングは、人気シリーズの新作を3部作で劇場公開する『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian』が第1位になった。

『PSYCHO-PASS サイコパス』は、人間の心理状態を数値化し管理する近未来社会を舞台に、正義を問われる警察機構を描くオリジナルSFアニメーション。今回の3部作は、5人の主要キャラクターにフォーカスした構成になっており、本作は須郷×征陸を中心にストーリーが展開される。

出口調査では「今まで影が薄かったキャラの掘り下げがよかった」「物語がテレビシリーズに忠実で、キャラクターがすごく活き活きしていた」「1作目でわからなかったことが繋がってきて面白かった」「テレビシリーズと比べて設定の肉付けや世界観の広がりを感じた」「このシリーズは哲学や社会学の引用が多いので、その分野を勉強している身としては、作品の概念だったり、深みを読み取ることができて面白い」などの声が寄せられ、作品ファンから熱い支持を集めた。

また「人間性や心理状態を丁寧に描いているので、それを声だけで演じる表現力もすごいなと改めて思った」「征陸役の有本欽隆さんは、声が渋くてカッコよくて大好きで、伝説のデカという感じが滲み出ていた」「今作の見どころは、征陸の人間として、男としての生き様が描かれているところ。誰が観てもそのカッコよさに惚れてしまうと思う」など声優陣を絶賛する声も多く、特に征陸役の有本欽隆さんへのコメントが目立った。

3部作の満足度は『・・・Case.1 罪と罰』92.5点、『・・・Case.2 First Guardian』93.0点と上がっており、アンケート調査では「次に向けての伏線があったので今から楽しみ!」など次作に期待する声も多い。3月8日(金)に公開される『Case.3 恩讐の彼方に__』はさらなる高得点を記録することが予想される。

(本ランキングは、2/15(金)、2/16(金)に公開された新作映画10本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)