Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

JUMP 伊野尾×有岡、キスマイ 北山×藤ヶ谷、King & Prince 永瀬×神宮寺…ツッコミコンビに注目

リアルサウンド

19/5/14(火) 6:00

 5月17日公開の映画『うちの執事が言うことには』を前にして、King & Princeの永瀬廉、神宮寺勇太が今週多くの番組に出演予定だ。この2人は、King & Princeのツッコミ担当。MCのバランスが良いグループには、ツッコミ役が欠かせない。そこで今回は、各グループの“ツッコミ担当コンビ”に目を向けてみたい。

(関連:Hey! Say! JUMPはなぜ互いを信頼し合えるグループに? 知念侑李主演ドラマの主題歌から考える

■Hey! Say! JUMP 伊野尾慧&有岡大貴
 全員がボケもツッコミもできるHey! Say! JUMP。そんなメンバーの中でも、情報番組で活躍している伊野尾慧と有岡大貴のツッコミは的確だ。伊野尾は決して口数が多いタイプではないが、ふとした瞬間に発する一言がエッジが効いていてクリティカル。ともすればキツイひと言にもなりうるが、伊野尾のキャラがあってこそ的確なツッコミとして成立している。有岡はいじられキャラだが、それに乗っかるようにしてツッコミをするタイプ。その必死さが笑いを生んでいる。そんな2人は“いのあり”と呼ばれ、メンバー内でも屈指の仲の良さを誇る。2018年8月2日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)内で伊野尾が持つコーナー「イノ調」には、有岡がゲストで登場。オープニングではいじられてからのツッコミ、という有岡のいつものパターンが見られた。その後は2人仲良く軍港めぐり。お互いボケ・ツッコミを回しながら無邪気に楽しむ2人の様子は思わずほっこりする。お互い情報番組でレギュラーを持っているからか、安定感のある盛り上げ方だ。スタイルは違えどツッコミ役の2人だからこそ、テンポの良いやりとりが生まれるのだろう。

■Kis-My-Ft2 北山宏光&藤ヶ谷太輔
 バラエティ番組でも大活躍中のKis-My-Ft2。メンバーの中でツッコミ役を担っているのは、北山宏光と藤ヶ谷太輔だろう。MCを担当し、仕切る場面も多い北山は天然ボケを発揮するメンバーに次々とツッコミを入れるポジション。『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)でも、珍回答を連発するメンバーに対してツッコミを入れるシーンが多い。一方藤ヶ谷は、実はメンバー1の天然キャラでもある。そのため、北山のような場を盛り上げるツッコミというよりも、“常識人”としてツッコミを入れるタイプだ。そんな2人は“藤北”と呼ばれ、人気を博す。シンメ的な関係性でもあり、2人がグループのセンターという認識も強い。一時期ファンの間で不仲説が唱えられてしまうほどさっぱりした関係性の2人ではあるが、コンサートツアー『Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 Yummy!! you&me』では2人が仲良くセルフィーを撮ったり、コンサート中、お互いのバースデーサプライズをしたことがあったり……。全く違うタイプのツッコミ、そしてこのつかず離れずの関係性、その2人の空気感に釘付けにならざるを得ない。

■King & Prince 永瀬廉&神宮寺勇太
 King & Prince・永瀬廉と神宮寺勇太は、先の2組よりも明確にグループ内でのツッコミポジションを確立している2人だ。King & Princeの他のメンバーを思い返してみて欲しい。平野紫耀、髙橋海人、岸優太、岩橋玄樹……。一見しっかりしているように見えるメンバーもいるが、自由人かつ天然キャラばかりだ。そんなメンバーに対して次々とツッコミを入れる2人だが、実は永瀬はジャニーズJr.時代はボケることが多かった。ジャニーズWESTをはじめとした先輩たちや番組に一緒に出演していた芸人たちからも「お前おもろいな」とツッコまれるシーンが多々見られる。しかし、自由人が集まったKing & Princeでは自ずとツッコミ担当になっていったのだろう。一方、神宮寺はジャニーズJr.時代から的確なツッコミを入れていたように感じる。『真夜中のプリンス』(テレビ朝日系)でも、岸が愛すべき天然ぶりを発揮するたびに、鋭くツッコんできた。そんな2人は、今ではKing & Princeをまとめるポジションに。以前、『ザ少年倶楽部』(NHK BS)で永瀬が「(神宮寺と)親友になろうって約束した」と話したことがあった。2人が力を合わせてよりまとまりあるKing & Princeになっていくことを楽しみにしたい。

 こう振り返ると、ひと口にツッコミポジションと言っても“元来のツッコミ気質であるメンバー”や“経験を経てツッコミに回ったメンバー”など、様々だ。鋭いツッコミが生まれるまでのヒストリーを探ってみるのも面白いかもしれない。(高橋梓)